ホームシアター

【夢の貧乏ホームシアター】NetflixやAmazonプライムビデオを5.1chサラウンドで楽しむ方法

庶民の5.1ch
えいが子
えいが子
貧乏ホームシアターって…揃えるのにいくらかかるのよ?
くろかわ
くろかわ
リアル5.1chサラウンドを2~3万円でやる!

どうだろう?…少し夢が現実に近付いてきた感じしない?

5,000円以下で考えてた人には申し訳ない。

それはちょっときついよ…

お金✨の話を先にスッキリさせたところで、まずこれを見てくれ。

スマホ撮影だから、音響は伝わらないけど、この距離感とかコンパクトさ、フロントの高さをそろえる感じを見てほしい。このサイズ1.2m×1.8mのスペースでも5.1chサラウンドは成立する。
出典:ネットフリックス「アリー・スター誕生」(現在配信終了)

家で、スマホやタブレットで気軽に映画を楽しむ人は増えてるような気がするのだけど、サラウンド環境で映画を見てる人に出会ったことがほとんどない…

人口で確実に1%以下、下手すると0.1%以下…これはもったいない。

今はNetflixやAmazonプライムビデオなどのVOD(ビデオオンデマンドの略)と呼ばれる、映画をネットで配信するサービスが人気。

月額映画見放題で500~1500円とかだよ。

えいが子
えいが子
ここで重要なお知らせ

5.1chサラウンドで映画を楽しんでも料金は同じ!

サラウンド環境を構築してしまえば、今後全ての映画、YouTube、アニメ、ゲームをず~っと映画館みたいなリアル音響で楽しめる(映画だけじゃない!生活の全ての音が変わるというのが重要)

VODには、割高な5.1chサラウンド配信プランがあるわけではない。

えいが子
えいが子
5.1ch無料ってこと?
くろかわ
くろかわ
そう!オンボロなシステムでも5.1ch環境さえあれば…
えいが子
えいが子
ずーっといい音響で楽しめる…
スマホだけで見てるの勿体ないかも

VODを勧める理由はまだまだある。

くろかわ
くろかわ
いつでも見れて、いつでも止めれて、途中から見れて、何度でも見れて、お外でも見れるよ延滞料金もなし!ダウンロードよろしこ!
えいが子
えいが子
ラッパーか!
Amazonプライムビデオタイトル画面

映画をよく見る人でVOD未加入の人はもう少ないような気が…🤔

気軽に映画を見るユーザー数は増えてると勝手に思ってる

でも音響に関しては、スマホひとつで誰でも気軽に楽しめちゃうから、ほとんどがライトユーザー。

5.1chサラウンドで視聴するのは一部のマニアックな人間ということになるのだろう…⇒流行らない理由を熱く語る

ライトユーザーがたまたま何かのきっかけで、

「映画館みたいな音響にしたい!俺の部屋なんもないけど… 5.1chサラウンド が再生できれば、ハリウッドの最新の音響を100%楽しめる。それはままごとなんかじゃない!音響のプロたちが伝えたかったこだわりの世界観がタタミ3帖のスペースに出現する!あーーーもうロマンしかない!」

という場合にどうすりゃいいの?

そういう1000人に1人、みたいなあなたに参考になればと思ったの。

えいが子
えいが子
確かに…ホームシアターって、富裕層向けの製品や情報がほとんどなんだよね。貧乏人は相手にしてない感w

ぼくは、サラウンドをやりながら疑問に思うことがたくさんあった。

ネット上に答えを求めて、いろいろ検索したけど、解決できないことが多くてね…

生々しい実体験の記事は少なく、ほとんどがサラウンドスピーカーセットの紹介、販売ページばかりだったよ。

貧乏ホームシアターについて熱く語る記事に飢えていた。

だからここで5.1chサラウンドへの熱い思いを全てぶちまける😋

3万文字オーバーの記事だから全部読むのは大変だけど、真剣にやりたい人は… 

えいが子
えいが子
ぶっちゃけ!サイト全体で70万文字超…

映画やゲームを5.1chサラウンドで楽しむために必要な情報ほぼ全てを、リンクを張りながら網羅しているので「ぼくの映画館」を楽しんで欲しい。

因みに5.1chじゃなくドルビーアトモスから始めたいという人は⬇️

目次

さて、どうすりゃいいの?NetflixかAmazonプライムビデオを契約しよう

ホームシアター専用VOD

まずはVODの契約だ。

各社いろいろアピールしてるけど

結論をいうと、

Netflixを契約しよう。

理由はスマホ以外のほぼ全てのデバイスでドルビーデジタル5.1chに対応してるから。

実は先ほどのVOD各社、ほとんどサラウンドに対応してないのだ。

細かい理由は別記事にある、ここはオタクのぼくを信じてくれ。

重要※スマホは全社5.1ch非対応

実用レベルでサラウンド対応とぼくが言えるのは、NetflixとAmazonプライムビデオの2社だけ。

次におすすめはAmazonプライムビデオだ。

ただし、パソコンでのドルビーデジタル再生に対応してない。

これだけはとっても予想外なので注意して欲しい。何でなんだ…(笑)

「パソコン以外のデバイスからサラウンドシアターをやる予定。」※Fire TV Stickやスマートテレビ等

(^^)/という人にはAmazonプライムビデオも安くておすすめだよ。

Amazonプライムビデオ公式⇒

映画好きなら両方契約もありだ。

この2社、映画コンテンツのダブりは凄まじいから、先にどちらか一方を先行して利用するのがいいよ。

あくまでもぼくの勝手な体感だけど、映画に限っては70~80%同じ。

映画産業の権利関係っていろいろありそうじゃん?だから見放題で配信できる映画のラインナップが似通ってきちゃうのはしかたないかもね。

トム・クルーズの「アウトロー」はどこでもあるけど、宮崎映画の「もののけ姫」はどこでもみれないみたいな感じ。

いろいろ見尽くしてもう見たいのがなくなってきたなー、というタイミングで、もう1つを契約開始というのがオススメかな。そんなことあんのかよ?と思われるかもしれないが、ヘビーユーザー共通の悩みだよ🤔

だからぼくは両方契約している。合わせて2000円/月ぐらい。

Netflixのプランはスタンダード。(1490円 /月 )

家で映画を見るって、大人の趣味としては本気で安いと思う。

「ぼくの映画館」では超コスパを意識して、ムダなお金をかけずに、音が素敵な自分だけの夢のホームシアターを作っていくよ👍😆

夢の貧乏ホームシアター実現の必須条件✨

次の枠内が代表的なもの。ひとつあればいいよ👌

⭐液晶テレビ(アプリが使えるスマートテレビ)

⭐パソコン(ウインドウズ8か10、HDMI端子あり)

⭐Fire TV StickかFire TV Stick4kかFire TV Cube

※他にPS3~5、xboxなどのゲーム機や、アップル派の人はApple TV 4K等あるけど個人的にコスパでPS3最高

NetflixやAmazonプライムビデオ対応のスマートテレビを持ってる人

スマートテレビって何よ?

という人もだいじょーぶ!

テレビの裏を見てみよう

液晶テレビのLANポート

LANケーブルが接続されている?

もしくは無線LAN対応のテレビも増えてるけど。

アンドロイドみたいなOSが入っていて、ネットに繋げることで、テレビ内でAmazonプライムビデオやNetflixアプリが使えるやつ。

あまり初期のモデルや微妙なメーカーのだと、VOD視聴できなかったり、なぜかサラウンド出力はできないとかいろいろなケースがある。古すぎるのは注意だ。

ぼくのブラビアがVOD視聴のデキない世代の最後のモデルだ(笑)

2013年製と書いてある。まあグレードにもよる、2017年とかでも最廉価グレードなら対応してないだろう。

このスマートテレビの世界は結構闇が深い。たぶんできるだろう…でできないことが多い。

メーカーの公式サイトで必ず NetflixAmazonプライムビデオの対応を確認するようにしよう。片方OKだから、たぶん両方対応しているだろうは危険だよ。

また、中古で購入した場合、ネットに繋いでアップデートすることで対応アプリが追加される可能性もある。

Google検索でアップデート情報を確認しよう。

最近は多くの大型液晶テレビはスマートテレビになってるよ。

念のため、テレビの裏側にHDMI入力というのがあるのを確認してくれ。あればオーケー👍

HDMI入力

テレビとAVアンプのHDMI接続で困ったひとはこちら⇒

最後に、お使いのテレビの型番を調べてほしい

◯◯◯◯◯ ドルビーデジタル」とあなたの液晶テレビの型番を入れて検索してみよう

メーカーの製品仕様ページに飛ぶはずだから、

これで自分のテレビのHDMIポートが、ドルビーデジタル非対応か、ドルビーデジタル対応か、ドルビーデジタルプラス対応かわかる。

スマートテレビでサラウンド再生する場合、VODの再生ができるか?ドルビーデジタル対応か?の2点を必ずメーカーの公式で調べよう!

ウィンドウズ8か10のパソコンを持っていて、そのパソコンにはHDMI端子がある人

これはけっこうハードル低いだろう?

このページを見てるような人はパソコン持ってるんじゃない?

下の一文重要だからよーく考えて!

ウィンドウズ8と10のNetflixアプリのみ5.1chサラウンド再生をサポートしてる。(必ずストアアプリをダウンロード。ブラウザでは5.1ch非対応。これで見れない!となるパターンの人が大量にいる。)

Amazonプライムビデオはパソコンでは5.1chサラウンド再生できない!

↑何度も注意を呼び掛ける(笑)

あと、スマホはダメよ。

「俺のiPhoneは性能ヤバい!そこらのクソPCより上だぜ!」

ごめん、そういう問題ではない。

ダメなのよ。スマホのアプリには各社、サラウンド再生できないようにしてる。

だからスマホから5.1chサラウンドのデータをAVアンプに出力して楽しむことはできないんだ。

※クロームキャストをAVアンプに直挿ししてアンドロイドスマホで操作した場合5.1ch出力できるという情報もあるけど、クロームキャスト公式は、サラウンドについて非公開としてる。ぼくは自分で確認とれてないのでノーコメント。

※Amazonのfireタブレットは一部、ドルビーデジタルプラスに対応。

スマホでAmazonプライムビデオとかを契約してアカウント作成するのはいいんだよ。それから、そのアカウントでぼくがここで紹介するデバイスのいずれかで再生すれば5.1chサラウンドデータは出力されるから安心してほしい。

まとめると

ウィンドウズ8か10のパソコンがある

 HDMIの端子がある

このふたつの条件を満たしていれば、PCでNetflixを5.1chサラウンドで楽しめる(^^)/

パソコンでVODを利用して5.1chをやる場合は、

ウィンドウズ8か10のストアアプリを利用してNetflixを契約するしか方法はない(2021年4月時点)

MACもできないから注意!(アップルユーザーはiTunesがサラウンド配信してるからそこで!)

ちなみに、ぼくはここで大苦戦した!

理由はHDMI端子のないパソコンだったから。

そのレポートを載せておく⬇️

FireTVStickを使ってAmazonプライムビデオを既に楽しんでいる人

これもamazonプライム加入者にはお馴染みなんではないかな?

FireTVStickがあれば無数の動画配信サービスを楽しめるけど、

YouTube、Huluなど基本的に5.1chは非対応だ。

AmazonプライムビデオとNetflixは5.1chサラウンド再生が楽しめる。

既にFireTVStickを楽しんでいる人はサラウンドを実現するハードルはかなり低い。

…実はここで紹介した中では Fire TV Stick が一番だと思ってる。

現行fire tv stickシリーズは全てドルビーデジタルプラス5.1chに対応してるよ(初代ノーマルスティックは非対応)

もし初代fire tv stickを使ってるとしても、ドルビーデジタル5.1chは再生できるから大丈夫だよ👍

プラスだと少し音質がアップするという程度なんだ🎵

念のためファイヤースティックのNetflixのアトモス対応について、何故か4kモデルだけアトモス非対応なので注意!因みに4k+アトモス再生できるのはキューブのみ。フルHD+アトモス再生なら第3世代~ノーマルスティックは対応。(注:アトモスが再生できるプランはプレミアムのみ)

引用元:Netflix公式「ヘルプセンター」

ちなみに fire tv stick がAmazonで買えない…という人はコチラ⇒

えっ!ホームシアターといえばプロジェクターじゃないの?液晶テレビ推奨?

リビングシアター

ここまで、ホームシアターと言いながら音響の話ばかりしてきたことに気が付いた…

ぼくの考え方として、映画を楽しむ要素である音響:映像は

重要度として6:4だと思ってる

だからひとまずこのページは音響だけで突き抜ける。

プロジェクター等の映像関係はこちらで熱く語る👇️

庶民のホームシアターだからもちろん中華プロジェクターだけどね(^^)/

あと、椅子!

🎦お一人様サラウンドシアターをやるにも、映画視聴にはリクライニングチェアーが最適だ。

が!高いじゃん…

ぼくは1.6万円で買ったゲーミングチェアーで映画みてるよ。なんの不満もない。もっと早く買えばよかった系のモノだね。

よし!これで5.1chのデータは確保した✨でもその買い物ちょっと待って!

ここで、さっそく貧乏の壁が立ちはだかる✨

あんまりお金がない!

そこで考えるのが、いわゆる5.1chスピーカーのセット。

だが、この記事では庶民でもコスパよく、本格5.1chサラウンドを目指すのがテーマ。

だから以下のような製品をすぐポチってしまうのは待ってくれ!

その買い物ちょっと待って!

サウンドバー

小型5.1ch(PC)スピーカーセット

サウンドバー⬇️

まず、2chや2.1CHのサウンドバー。

こちらは基本的にドルビーデジタル等のサラウンドに対応していない。

お手頃価格のモデルは全て、普通の2チャンネルのステレオ再生なんだ。

そして各社バーチャル(疑似)サラウンドという音響処理技術をもっている。

少しでもサラウンド感をだして視聴したければ、リモコンでモード選択すれば誰でも簡単に疑似サラウンドにはなる。

2chステレオ音声→疑似サラウンドモード(DSP)で臨場感がアップ。

でもこれだと…感動が薄いという印象。

モノによってはノーマルで聞いた方がいいという残念なものさえある。

BOSEなどの高い製品(10万)になると恐ろしく立体感のある音響を作れるサウンドバーもある。でもここでいうサウンドバーというのは9,800~29,800円ぐらいの製品のイメージね。

あと、見た目は同じくサウンドバーっぽいんだけど、サブウーファーが別になっていてドルビーアトモスや、サラウンド5.1ch入力に対応しているシステムもある。

バーの中にフロントR+センター+フロントLと3つスピーカーが並んでいるとかね。

後方に置くサラウンドスピーカーを後から増設できるタイプもある。

これだとAVアンプ+スピーカー6個のリアル5.1chとやってることはほぼ同じ。

しかもこのタイプの製品はHDMI接続でマルチチャンネルの音声フォーマットに対応している。

だからスピーカーが全て揃っていなくても、

5.1chドルビーデジタル→2.1CHダウンミックス(又は3.1ch)という形で再生することも可能。

この場合のサラウンド感は、先ほどの2chステレオからのサラウンドに比べてリアルだ。

※ちょっと複雑だけど、このあたり重要なんだ。2ch?バーチャル?疑似?⇒もっと詳しく

結論を言ってしまうと、

このサイトで5.1chを目指す人は、サウンドバーはやめよう。

・スピーカーの距離、角度が固定されているので調整が全くできないこと。

・単品AVアンプに比べ、アンプ性能、調整機能が低い(ない)。

これらはけっこう致命的だ。

次に、

サラウンド5.1chセット⬇️

これは一応リアルサラウンドということにはなる。

価格も1.5万~と安いのもある。お手軽にやりたいならこういうのもありだけど、

注意点としては、もっと良いものが欲しくなった時に、基本全て買い換えとなることは覚えておこう。

これはサラウンドバーにも言える。

だから、本格サラウンド5.1chをやってみたい!という気持ちになった時に、

いきなりこのようなセット商品にいくのは勿体ない。

ぼくはこれらをけしてバカにしていたりしない。むしろ繋げるだけで簡単だし、中古で状態の良いものが買えたら超コスパだと思う。

最近の老舗音響メーカーの本気の疑似サラウンド技術は凄いし…

さらに中古で探せば、1万円以下で実現するだろう。

失敗も少ない、それらはプロが設計したものだから。

☹️じゃあ何が…ダメなのよ…

「だってそれじゃぁ…夢がないだろう!」

単品機器の組み合わせで、本格5.1chサラウンドを構築!

ぼくら貧乏人にも意地がある。

自分でいろいろ考えて、悩んで選んだスピーカーを組み合わせて、AVアンプと繋げて組み上げるのだよ!

貧乏=お手軽な音では駄目だ。

買ってきて40分で音だし完了😄

「まぁ、値段安かったから、音はこんなもんかな?」

そうじゃない!

中古で揃えた安価な機器でも素敵な音は出せるんだよ。

何故か?スピーカーのセッティングやアンプの調整に時間と情熱を傾けるんだ!

ぼくらに許される最低限のしがない音響機器を最高に引き出すセッティングにこだわればいい。

意外に思われるかもしれないけど、サラウンド5.1chでいい音を出すのにムダに高級な機材はいらない。

現代のオーディオはエントリークラスでも十分な性能の製品がある。

それを中古で安価に手に入れて組み合わせても、高音質な小さいホームシアターを作れる。

ある程度のクラスを超えると、

価格=音の良さではなく、価格=音の好み、嗜好品という要素が強くなる世界。

だから安いものでも、上手に組み合わせて調整すれば大丈夫!

完成したリアル5.1chは、ちゃんと映画の音がする(^^)/

まず、5.1ch構築に必要なものを全て紹介する。

えいが子
えいが子
説明めちゃ長い!もう飽きた!
くろかわ
くろかわ
まて!まだ何も説明していない、ここからだ!

中古AVアンプ10000円

サラウンドシステムの心臓部。

とにかくこれがなければサラウンドは始まらない。

ここから線がごちゃごちゃ出ていろいろ接続するわけだ。

ぼくが愛してるONKYOのTX-NA609 7.1chアンプ
SN比 106dBの本格派!これ状態がいいの1万なら即買いだよ(^^)/
ぼくは9800円で手に入れた。


ONKYO 7.1ch対応AVセンター (ブラック) TX-NA609(B)

👆このレベルのスペックを参考にしてほしい。

庶民の…といってもこれから10年使える次世代のアンプを新品で購入したい!という人だっているだろう。

「ぼくの映画館」使用モデルがこれ👇

ドルビーアトモスに興味があって、もし予算が許すなら4万ちょい出して、ぼくと同じ機種を使って欲しい…というのが本音。

このアンプのおかげでドルビーアトモスの夢が叶った。コスパ最高の名機だよ(^^)/

こいつを心臓部にして5.1ch~アトモスまで楽しめる。
自動調整機能が超優秀だから、配置にこだわればすぐに本格ホームシアターできる。

HDMIケーブル1000円

HDMIケーブルでAVアンプ⇒テレビやモニターに繋ぐよ。

2021年最新のぼくのオススメHDMIは⬇️

他に、取り回しにこだわる方はスリムタイプがいい。これは一度使うと標準タイプには戻れないほど利点が多い。迷わずこれを選んでOK。ただし、長さだけは考えて選ぼう。

HDMIケーブルが、良さそうなのに安く叩き売られてる場合は、HDMIバージョンが1.4の可能性が高い。4k60hz対応ではなく4k30hz。現行はHDMIバージョン2.0が主流。

ぼくみたいに、

「当面フルHD1080p60hzでいい!」と割りきっている人間には関係のない話だけどね。

将来的にプロジェクター接続も考えているなら、最初からバージョン2.0の5mの長めを1本購入しておくと自由度が上がるし後悔しない。狭い部屋でも2m~3mだと長さがギリギリ足りず、結局買い直して高くつく。

HDMIについてもっと深く!という人向け↓

スピーカーケーブル20m 1200円

スピーカーケーブルでAVアンプ⇒スピーカーに繋ぐよ。

6畳以下のコンパクトスペースなら、システム全体で20mぐらい必要になる。

えいが子
えいが子
そんなに長さ必要かなぁ…?
くろかわ
くろかわ
配線が目立たないように引き回すと、イメージの1.5~2倍の長さになることが多いんだ。迷ったら長めが鉄則!

AVアンプから6つのスピーカーにスピーカーケーブルを使用して繋ぐ(サブウーファーだけスピーカーケーブルを使用せず、RCAケーブルで接続)

案外知られてないことがある。

新品のスピーカーを買うと、スピーカーケーブルが付属するということ。

えいが子
えいが子
クッソ地味な情報…

普通のペアのフロントスピーカーで2m×2本。センタースピーカーでも4m×1本。そんな感じ。

新品スピーカーを検討してる人は付属ケーブルの有無も確認しよう。

中古スピーカーには、基本的に付属品はないものと考えておけば間違いない。

スピーカーケーブルぐらい新品でいきたい派のぼくが使ってるやつこれ↓10Mが2本入ってるよ。

RCAケーブル 700円 

RCAケーブル1本でAVアンプ⇒サブウーファーに繋ぐ。

100円でも買えるけど、ここはおしゃれしたいのが男心。

ただ安いモノというわけじゃないところが男のロマン。

このようなケーブルで音の差はないよ(笑)気分で好きなのを!

AVアンプ~サブウーファーに接続するために使用してる。

他にデジタル同軸ケーブルとしても使える。*テレビのデジタル同軸音声出力⇒AVアンプの同軸音声入力のような使い方もOK。

次に6つのスピーカーが必要だ!

左右フロントスピーカー 3000円(中古)

小型のパッシブスピーカー(アンプを内蔵してないスピーカー)なら何でもできるんだけど…

すでにいくつかスピーカーを持ってる人が問題。

実はまだ一つもスピーカーを持っていない人はチャンスなんだ。

えいが子
えいが子
えっ、なんで?
くろかわ
くろかわ
サラウンドは同じスピーカーを5個揃えると調整機能の乏しいAVアンプでも合わせやすい…

もし、今回初めてスピーカーを購入するなら、同じスピーカーを5個同時に購入するのもおすすめなんだ。

既に2つ持っていたりすると、どうしてもそれを活用しようとして、結果的に種類がバラバラのスピーカーの寄せ集めシステムになる。
高価なAVアンプの調整機能があれば、あるていどはバランスとれるけど、普通はエントリークラスのAVアンプから始めるだろうから、同じスピーカーでそろっていたほうが調整しやすい。

🔰最初だけはなるべく同じスピーカーで始めてみよう👇(詳しくなってきて、高音質を求めると最終的には全部違うスピーカーなる)

ここけっこう大事なポイントだったりするので下の実験レポート記事を是非読んで欲しい

主にPC用のスピーカーはアンプ内蔵のアクティブスピーカーと呼ばれてる。これはAVアンプに適切に接続できないのでサラウンドでは使えない。

因みにぼくはフルレンジスピーカーを使ってる。

基本的にフロントスピーカーはツーウェイスピーカーを推奨

1m以内の近距離サラウンドをやるなら小型フルレンジスピーカーもあり(50cm以内のツーウェイはスピーカーから音が出てるのをより感じてしまうため不適)

1m以上の距離でサラウンドやるならフロントはツーウェイ以上のスピーカーがいいよ。

好みもあるけどひとつの考え方として参考にして欲しい

センタースピーカー 3000円

たまに、ホームシアターにセンタースピーカーは不要という情報もあるけど、貧乏だってちゃんとした5.1chを目指そう!

5.1chにセンタースピーカーは必要だ。

↓こんな情報を鵜呑みにしないように気を付けて!↓

❌「高価なセンタースピーカーを買えないなら、使わないほうがいい。ほとんどの音はセンターから出るから 全体のクオリティが下がるよ。」

5.1chサラウンドをしっかり調整できないと上記のようにハイエンドオーディオと同じく考えてしまうから注意しよう。

安い価格のセンタースピーカーでも専用品ならバカにせず使ってみよう。

庶民のホームシアターのドルビーデジタル5.1ch再生にセンタースピーカーは必要だ。

有名なヤマハの入門用センタースピーカー、NS-C210

まずはこれで十分。ぼくも使ってたよ。

NS-C210の中古

たまにハードオフでこれの中古品を見つけるけど、Amazonの新品との価格差をよく見て買おう。

Amazonで安い時期だと3000円以下で買えたから流通量は多め。

さらにスピーカーコード付属(4m)

NS-C210は3,000円以下で入手可能なら検討してみよう。

近距離の5.1chセンタースピーカーもうひとつのおすすめは、

FOSTEXの小型フルレンジスピーカーP650Kだ!

安くて音もいい…とくにセリフの声の綺麗さにこだわりたい人にぴったり。P650Kは下のシステムのように、センタースピーカー、サラウンドスピーカー(箱はだんすぴ)として3台使っている。

5.1chサラウンドシステム
センターとサラウンドにP650K

左右サラウンドスピーカー(ペア) 3000円

まずはとにかく安く音を出したいということなら、サラウンドスピーカーは一番適当でいい。

が、

🔰初めてなら5個同じスピーカーでそろえると失敗しない

同じスピーカー
サラウンドスピーカー
サラウンドスピーカーに使うなら、こんな安価な段ボールのBOXでも十分にいい音が出る。ユニットはP650Kだ。

ぼくみたいに近距離でやりたいなら、サラウンドの音の自然な広がりを考えると6~8センチの小型フルレンジスピーカーがいいよ。

サラウンドスピーカーにおすすめはセンターと同じくP650Kだ。


メーカー設計のBOXも買って新品のペアでそろえると、6,000円~(相場は常に変動)とそれなりにするけどそれ以上の音質だ!
ぼくはコスパと軽さで段ボールのBOXでペアで4000円以下で揃えたよ。

サブウーファー 3000円

ハードオフの激安サブウーファー

サブウーファーは馴染みがないと、

えいが子
えいが子
サブウーファー?何それ美味しいの?
くろかわ
くろかわ
となりやすい

サブウーファーなしてサラウンド5.1chは成立しない!

たまーに、重低音は響くからサブウーファーなしでやります!という人がいるけど、それなら音質のいいBluetoothスピーカー1個で映画を観ていたほうがいい。

5.1chというのはサブウーファーの音をミックスして成立するもの。

えいが子
えいが子
低音がいるいらないだけの問題じゃないのね?
くろかわ
くろかわ
臨場感とかリアルの表現が不足しちゃうんだ。

中古3,000円のものでもいいから必ずそろえよう。

サブウーファーの役割は一般的な迫力イメージのドンパチの重低音だけではない、繊細な雰囲気の再生に重要だということを覚えておいて欲しい。

ドルビーデジタル5.1chサラウンド再生に必要な機材は以上

ここまで25000円ぐらいか?

「えーっ!やっぱりけっこうかかるね…」

いや、ちょっと待て!

通常の日本のお父さんが、鬼嫁に煙たがれながら行うホームシアターの構築は初心者で8~15万はかかるんだ。

しかもそれは自分でセッティングまでしての話。

富裕層がやるのは40万~200万ぐらいかけて全て業者にお願いするやつ。

これは音もいいんだろうけど、スマートな埋め込み設置など工事の要素が含まれてくるから総額は高くなる。

セレブの奥さんからしたら、

「私が選んだ素敵なソファーの横に何故スピーカー!💢」

となるから、スタイリッシュな広々リビングにはそれなりの設置が重要なんだろね…

だから頭を冷やせ!2~3万は情熱価格だよ。

普通にオーディオ趣味の人達からしたら

「…?スピーカー1つも買えないじゃん!」レベル。

だから堂々と、

「貧乏ホームシアターやってます。」と胸を張れ。

ここで重要なことは最安値を目指さないことだ。

例えばぼくが本気で中古のジャンク市場みたいなとこでかき集めれば15000円以下でも5.1ch組めるよ。

でもさ…

スピーカーが1つだけ何故かグレー

スピーカーから異臭がする。カビ臭い

デザインがダサい、汚れキズ多め

AVアンプがめちゃくちゃ重い!デカい!消費電力ヤバい!

…もういいか

そういうのは望まないだろう?

だから限界の1.5万で組もうとするより予算を3万に上げるだけで、音質と見た目の品質は3~5倍アップするように感じる。ここの差は相当に大きい。

そこで…そうはいっても予算が2万という人に提案がある。

まず、2.1chを2万円で構築するのだ。

まず、2.1chホームシアターを2万円で作ろう✨

2.1chって何?

…説明しよう!

使用するスピーカーは3台

フロントスピーカー2台とサブウーファー1台のシンプルな組み合わせだよ。

最終的にはスピーカーを6台使って5.1ch環境にするんだけど、まずは3台使って2,1chをやってみよう。

いきなり5.1chサラウンドを無理やり少ない予算でやるより、今ある予算で2,1chをちゃんと作り上げる。

そして、懐と相談しながら少しずつグレードアップさせる方法だ。

これもRPGでレベル上げしていくような楽しさを味わえていいんだよ。

2.1chのシステムに必要なのは

中古AVアンプ

フロントスピーカー

サブウーファー

買うときの選びかたのポイントをそれぞれ説明するね。

中古AVアンプの選び方

このフロントパネル上部にロゴマークが並ぶ。予算的になかなか厳しいけれど、いろいろ探すと思わぬ掘り出し物が見つかるのがAVアンプの世界、中古自動車市場ほど需要もないし、成熟もしていないからか、たまに明らかに値付けをミスした商品も見受けられる。だからあきらめずに探そう。

いきなり中古と決めつけて申し訳ないが、予算的に新品が無理なのはしょーがない。

狙い目は2011年以降の製品だ!

条件は以下

2011年以降の製造

入力、出力共に使用可能なHDMI端子が必ずあること

ドルビーtrueHDまで対応

設置予定場所に収まるサイズをしっかり確認

2021年現在、中古AVアンプを買うにあたって、チャンネル数で7.1chアンプにこだわる必要はない。コンパクトなサラウンド環境を作るなら5.1chでいい。

しかし、アンプの基本性能や機能が7.1chアンプのほうが上級機として優れている場合は多いので注意。

※安いからといってHDMI故障してるものもあるし、最初はすぐに音が出ないこともあるので注意。

※昔の中古AVアンプは想像以上にデカい!普通のDVDプレーヤーと同じぐらいの感覚でいると絶対に棚に納まらん!

当時は新品価格で5~8万円したAVアンプが怪しいサイトの中古販売やハードオフで5000円~19800円ぐらいの価格帯で販売されている。もちろんヤフオク、メルカリでもオーケーだ。

AVアンプを買ってみたら、コンセントのプラグ形状が3ピン!

どうしたらいいの?大丈夫👇

フロントスピーカーの選び方

近距離サラウンドの条件は以下

ユニット口径が5~10cm程度のもの*2.1chでいくなら12~13cmのツーウェイタイプのほうが満足できるはず。

ぼくのように超近距離ならフルレンジスピーカー。1m~やや距離あるなら2ウエイ方式のもの(ウーファーとツーイーターがあるやつ。写真のはフルレンジといってスピーカーひとつのタイプ。耳まで80cmで使用中。

パッシブスピーカー(アンプが内蔵されていないスピーカー)

メーカーで迷ったらYAMAHAかONKYO

6Ωか8Ωで10w以上ぐらいなら何でもOK 

アンプとスピーカーのワット数について詳しく👇

ハードオフのような、店頭で購入する場合は必ず匂いをかぐこと!

この匂いは重要。クサいのはやめておけ!(笑)

絶対に愛することができないからだ…

中古の場合、前ユーザーの生活が反映されているものだ。

無臭やいい香りのスピーカーはぼくの経験上程度も良好なことが多かった。

どーしても新品にこだわりたい!超コスパでいい音!

という人もいるだろう。もし、すっきり2.1chをやりたくて、少し予算みれるならぼくが3回買ったこれ一択だ。*コロナ以後、やや品薄状態で価格もけっこう変動してる。

サブウーファーの選び方

(※2021年4月現在、サブウーファー価格は、新品中古問わず過去5年振り返っても例がないほど高騰、そしてAmazonでも品薄。購入は少し様子見たほうがいいかも)

🔰初心者がいきなり新品を探すのはおすすめしない。※Amazonで新品1万円以下の商品がたまにでることがある。予算があるならそれもOK。

サブウーファーは新品と中古の価格差が大きいのでコスパを考えて程度のよさそうな中古を選ぼう。

選ぶ条件は以下

アクティブサブウーファー(中にアンプが内蔵されているサブウーファーを買う、他にパワードサブウーファーなどと呼ばれることもあり)

迷ったらYAMAHAかONKYO

内蔵アンプの表示W数は定格30W以上あれば十分(カーオーディオみたいに最大W数だけ強調されてるものは買わないほうが良い。「迫力のMAX200w!」みたいなのw)

スピーカーサイズは16cm以上できれば20cm以上

最低周波数は40hz以下

選び方でフロントスピーカーと違うのはアンプ内蔵のものを買うということだ。

「えーっ!わかんないよー!」

サブウーファーの裏を見てほしい。🔌電源コードと電源スイッチがあれば、アンプ内蔵ということだ。

試しにフロントスピーカーの裏をみてくれ。

スピーカーコードを繋ぐ+-の端子しかないはずだ。

フロントスピーカー、センタースピーカー、サラウンドスピーカーはアンプなし

サブウーファーだけアンプ内蔵と覚えよう。

AVアンプによってはパッシブのサブウーファーを鳴らせる、スピーカー出力をもつモデルもあるよ

NR-365背面接続
写真だと少し見にくいけど、これはRCAで繋ぐプリアウトと、モノラルのスピーカー出力の両方あるアンプNR-365。

新品で安くて音がしっかり出るのは、ぼくのリビングで使ってるこれ👇

リビングのサブウーファー

アンプ、スピーカー、サブウーファーの中古購入はハードオフがオススメだ

今はネットでの売買が盛んだよね。もちろんそれもいいんだよ。

Amazonで新品を買う場合なんかはそれでいいと思う。型番をしっかり確認して購入すれば全く問題ないし、Amazonってほぼ何でも返金してくれるイメージあるよ。

ぼくは怪しい中華製品試すの大好きでいろいろ買ってみた。

そして記載情報と違う、明らかに詐欺っぽいものは全て返金してもらえたよ。

でも今回は全て新品というわけにもいかない。予算の関係で中古メインになっちゃうよね。

そんな時、近所にハードオフがあるなら是非ともオーディオコーナーに行くことをオススメする。 ハードオフの使い方は⇒

店頭で実物を見て程度を見定めたいのが男のロマンだと思う。見た目から漂う雰囲気は大事だ。

同じモデルでも、程度はさまざまだし、ショップによってなぜか、値段は倍の開きがあったりするから真剣に探そう。

そうしているうちに、相場から外れた奇跡の1台に巡り会う✨

これはオーディオ関連すべてに言えるのだけど、ビギナーはハードオフがオススメだ。

もし不具合があればレシートで返品が可能だから。安心だよ。

保証期間は例えば1万円のアンプなら3ヶ月保証。

訳ありなどと表示されてるものでも、購入から1週間以内なら初期の不良については返金に対応してくれたケースも何度かある。

しかし、ジャンクと書かれたものはつまり、そういうことだから音でないとかで、文句つけてお店を困らせないように。

2.1chをもっと、深堀り(^^)/

世界最小サラウンド!ドルビーデジタル5.1CHのスピーカー配置方法

それではめちゃくちゃ長くなったけど、機材も揃った。

解説は「ぼくの映画館」の各リンクを読んで欲しい。

サラウンドは最初のスピーカー配置が最大のポイント。

サラウンドの具体的なスピーカー配置について解説するよ↓

くろかわ
くろかわ
がんばれ!下の3つの記事は最も重要だ!
えいが子
えいが子
ここまで読んでくれた人って100人にひとりだよ…もう寝ていいすか?

この下の3つの記事がサラウンドのキモ!


基本の5.1chをしっかり調整できれば、ドルビーアトモスは簡単だ

この記事を読みながら、

俺がやりたいのは時代遅れの5.1chとかじゃねーよ…

という人だっているだろう。

あえて5.1chまでの話をした。

ここまでこれたら、ドルビーアトモスに進むのは難しくない

まず5.1chを鬼のように夢中になって調整していい音を出そう。

いいサラウンドって

「😃✌️イエーイ!後ろからも音が聞こえるぜベイビー」という感じではない。

ピントが合った瞬間、全てのスピーカーの存在は消え失せ、その映画の世界に放り出される雰囲気

これは多くのサラウンドのプロの方たちの素敵な言葉だよ✨

ぼくの言葉ではない😆

この先人達の偉大な言葉を胸に調整にはげもう。

調整はうまくいったかな?

ドルビー規格は次から次へと新しい規格が登場する!

高さや、もっとリアルな移動感を表現できるドルビーアトモスなどの上位のサラウンドも全て対応のAVアンプを手に入れれば発展できるし、近距離で楽しむならスピーカーはそのまま使える。

だから5.1chを極めし者は堂々と立ち向かっていける。

実は2021年最新でも、結局VOD配信の主流はステレオと5.1chなんだ。

アトモスでの配信が増えていつか主流になる日が楽しみだよ。

ぼくの個人的な見解なんだけど、

幸せは「足るを知る」というところにあると思う。

オーディオ趣味は深い沼でどんどんハマりやすい。お金をかけてもっと、もっとと高音質を追求し始める。

そこを一度深呼吸して、本来の映画を最高に楽しむためという目的に戻ってみよう。

自分のお気に入りのスペースに、5.1chで映画を楽しめるサラウンド環境を作れた瞬間。

よーし!嬉しいな!これで沢山映画を楽しむぞー😋

となれればいい。足るを知る。それが最高だ(^^)/

えいが子
えいが子
ここまで読んでくれる人いないと思うけど…ついに終わった?!
くろかわ
くろかわ
思いは伝えた!ご清聴ありがとうございました

👇リンク集

この記事を読んで、

「5.1chサラウンドより、もっと手軽に今より少しいい音で映画を楽しみたいなぁ…」

という人もいるのもよくわかる。

実はサラウンドより安価で調整の煩わしさもなく、適当にセットしたサラウンドシステムを上回る方法だってあるよ👍

忙しい人とか機械が苦手という女性はダントツこれがいい。デザインも音もイケてる⬇️

重低音は近隣に迷惑になりそう😔

壁薄いからという人は、小さなスピーカーで近距離で楽しむ高音質の2.1hステレオだって映画を楽しめるよ⬇️

本物の音を体感してから自分の部屋で再現したい人は、

自分の部屋で5.1chやアトモス体験をしたい人は、

段ボールで作ったスピーカーだってサラウンドに使える!👇

パソコンでサラウンドするなら⬇️

Blu-rayでサラウンドもドルビーTrueHDの音が素晴らしい⬇️

ホームシアターの起動って案外簡単(^^)/👇

リアルサラウンドだとゲームも最高だよ!