ホームシアター

大きな出力(6Ω130w)のAVアンプで小さな(8Ω10w)スピーカーを使っても壊れない?

スピーカー壊れない
えいが子
えいが子
アンプ出力が130wで… スピーカー10wって…音出したら即死?
くろかわ
くろかわ
そう思うじゃん?ところが ぜんぜんへーき!ぼくが使ってるのがまさにコレ

オーディオ機器のワット数は定格出力で考えよう!6Ωか8Ωのスピーカーを選べば大丈夫

上のようなAVアンプはわりと一般的だ。

これはぼくの愛機、ONKYOの7.1chアンプ TX-NA609(2011年製)だ。

定格130w最大190wと書いてあるけど、定格で考えればいい。

だからこのアンプは出力130w(6Ω時)

これにぼくはFE-83en(女性ボーカルが美しい名機)という8cmフルレンジスピーカーをフロントに接続してサラウンド5.1chを楽しんでいる。


FOSTEX フルレンジ FE83En

スペックは定格10w (8Ω)

そんな貧弱な感じの繋いで大丈夫?って思うよね(^^)/

えいが子
えいが子
6Ω?8Ω?オーディオはホントに意味不明!Ωって何よ
くろかわ
くろかわ
抵抗値なんだけど、とりあえず6Ωか8Ωのスピーカーを選べばOK、というかほぼそれしかないから難しく考えないでいい

アンプが130wでスピーカーが10w…

これは、極端な例かもしれないけど全く問題ない。

実際のシステムはこんな感じ👇

スマホ撮影で音質は伝わりにくいが、ボリュームを60(めちゃうるさい音量)を超えて回しても音が歪んだりスピーカーが焼けたりしないよ。

AVアンプの定格を下回るスピーカーを接続しても常識の範囲の音量で使うなら問題なし

今回のぼくのシステムを見て少し安心してくれたかな?

このFE83-En、以前は車内でカーオーディオのリアに使っていた。

その時も灼熱の車内で定格80wの中華性のデジタルアンプに接続してかなり爆音で鳴らしていた。思えばかなり酷使してきた。

スピーカーが逝くときというのは単純に大音量で割れるということより、例えば高域専用のツーイーターにフィルターを通さず、フルレンジの信号が入ってしまった時などが多いんだ。(アルパインのセパレートSP破壊歴あり)
カーオーディオ製品は何故かW数至上主義だから4Ωばかり。

電圧が12Vってのもあるんだろうけど、

W数大きいほど凄い音!みたいな漠然とした世界観がある。

4Ωにすれば、単純に8Ωの2倍で表示できるからね。

逆もOKだ! アンプ20w、スピーカー50wでも普通に鳴る。アンプの力が弱すぎると、コーンを止める力がないから低音のキレはないとかはある。

だからさ、普通に5.1chサラウンドをやろうとしてスピーカーを探すとき、まぁ比較的小型のスピーカーを適当に選んだとしても大丈夫なんだよ😃

サラウンド用に8Ω15wとかフロントにはブックシェルフの6Ω30wぐらいのスピーカーがゴロゴロある。

ぼくの例に比べたらぜんぜん範囲内

だから、耐入力ワット数でスピーカー選びに頭を悩ませる必要はないはずだ。

一般家庭で音楽鳴らして出力10w超えとかないから…実際はそんなもの

これ誤解がある所なんだけど、常時10wを超える出力は近所迷惑で普通の感覚では出せないと思うよ。

どうかな?少しはワット数について謎が解けたかな。

このワット数の問題って、初めて遭遇したとき、とっても不安。

お金出してスピーカー買うのにさ、

えっ、このスピーカー使えるかな?このアンプには合わないかな?ってなったら嫌だよね。

でも、調べてみたら音響機器にはある程度許容する幅があるということが分かった。

ワット数にそこまで神経質にならなくていいということがわかれば、あとは楽しむだけ。

でも、音量は自己責任でやってね。

最大音量にしたらスピーカー壊れたんだけど!

というのはノークレームで(^^)/

サラウンドに興味を持ってくれた映画好きの人は、これも読んでくれ↓

映画を楽しむのに決まりはない!

でも、今より少しだけいい音で観れたら…

その方法はぼくのサイトに書いてある。

いろいろ読んで映画音響を楽しんでね(^^)/

この記事おわり!

ぼくの映画館使用AVアンプ👇この価格でアトモス対応の神機