ホームシアター

アトモス対応AVアンプを買うべきか悩んでいる人へ

x1600h

ドルビーアトモスに興味はあるけど、天井スピーカーの設置というのが最大のネックになっているために、新しくアトモス対応のAVアンプを買うべきか悩んでいる。という人もいるだろう。

じつは…

アトモス対応AVアンプを買う=天井にスピーカーを設置しなければいけない】というわけではないのだよ。

もちろん天井や、フロントハイト、イネーブルドなどの高さを表現するためのスピーカーをリアルに設置できるならそれもいい。

しかし、ドルビーアトモス対応AVアンプの魅力はそれだけじゃない。

この記事ではメーカーのカタログやメディア情報では伝わりにくい、庶民のホームシアターアトモスの真実についてお伝えするよ。

意外な、新しい発見があるはずだ✨

えいが子
えいが子
今日なんかヤル気凄いけど…どした?
くろかわ
くろかわ
いきなり結論をいうと、ホームシアターを高音質で楽しむならアトモスアンプ買った方がいいよ
えいが子
えいが子
でもさ…5.1chのシステムのまま、今のAVアンプから、アトモス対応AVアンプに単純に繋ぎ替えたとして、アトモス音声は再生できるの?
くろかわ
くろかわ
5.1chシステムのままアトモス再生できるよ

「えっ…ウソでしょ?」となるよね?

これは、ちょっと説明が必要だ。

「ぼくの映画館」サイト使用モデル👇

アトモス対応AVアンプを買うべき理由①Dolby Atmos Height Virtualizer 

アトモスに対応していない、少し古めの5.1chAVアンプを使用して、5.1chシステムを組んでいたとする。

NR-365
NR-365は当時コンパクトな5.1chアンプとして人気だった
新品で24000円で買った記憶ある
Blu-rayをtrue-HDで鑑賞するのが楽しかったなぁ

ここからアトモスやろう!となると、アトモス対応AVアンプを買って、さらに天井にトップスピーカーを1組設置する。

つまり5.1.2chということになる。

これがドルビーが推奨している、アトモスの最もコンパクトな形だ。

でね、この構成でスピーカーを繋いでいれば、アトモスの音声が収録されているBlu-rayを再生したときに、AVアンプは自動的にドルビーアトモスでデコードして再生してくれる。

それでは、5.1chぶんのスピーカーしかAVアンプに接続していない場合はどうなるのか?

5.1chシステムでもアトモス音声で再生される

本来天井から出る音響成分は

ハイトバーチャライザーという機能により、他のスピーカーに振り分けられアトモスの効果を感じられるようになる。

こういう情報ってメーカーの製品スペックだけ見てるとよくわからなかったりする。

正式にはDolby Atmos Height Virtualizer というのだけど、これは現行のアトモス対応アンプには全て搭載されている機能だ。

要するに高さ表現はバーチャルでってことなんだけど、これが今までのバーチャルと違い、なかなかいい。

正直2chではほとんど感じられなかったが、しっかり調整された5.1chシステムならリアルアトモスとの差を聞き分けるのは難しい。

5.1.2ch⇒5.1chのダウンミックスのサラウンドでもリアルアトモスに迫る音響が楽しめる

くろかわ
くろかわ
実際に聞き比べ実験してみた。下の記事も参考にしてほしい
えいが子
えいが子
まずは5.1chのままアトモスアンプ入れて、将来的に天井スピーカー導入というのも夢があるね

アトモス対応AVアンプを買うべき理由②ドルビーサラウンド

DenonAVR-X1600H

天井にスピーカーがつけられないからアトモスは…という人がいる一方で、

「天井にスピーカーつけて5.1.2や7.1.4などのアトモス再生環境を整えても、対応作品そのものが高音質Blu-rayなどに限られていて、配信では、まだまだ普及していないから意味がない。」

と心配する人もいるだろう。

これはまさにその通りなんだ。

アトモスの一般家庭への普及はまだまだ限定的だ。

メディアは、ドルビーアトモスは増えてきてると言いたいみたいだけど…

えいが子
えいが子
そもそもアトモスやってる人に出会ったことすらないよ…富裕層かマニア限定のイメージ
くろかわ
くろかわ
もっと無邪気にやればいい!ぼくみたいに、狭い和室でお金をかけずにドルビーアトモスしたって十分楽しめるよ
えいが子
えいが子
いやいやいや…

ずいぶん前置きが長くなったが、

※ドルビーサラウンドというモードがアトモスアンプには搭載されている。

※30年ほど前に、全く同じ「ドルビーサラウンド」という名称が使われていた時代があったので紛らわしいのだけど、アトモスアンプから搭載の比較的新しい機能だから完全に別物。

ドルビーサラウンドの魅力を知ると、不思議とリアルアトモス音声にあんまりこだわらなくなる。

例えば、ゲームなんかもアトモス対応作品なんかほぼない。PS5でさえ非対応みたいだからね。

現代のゲームのサラウンド音声はPCM5.1~7.1chなどで収録されていることが多い。

リニアPCM7.1chをドルビーサラウンドで鳴らす
引用元:カプコンのバイオハザード5(PS3)

これをドルビーサラウンド機能でアップミックスすることにより、天井スピーカーからも音が鳴る。

ここで重要なのはバーチャルではないということ、これは本当に天井から音が鳴る。しかも天井から鳴りそうな音がそれらしく鳴るのが凄い!

アトモスと違うのは2つ。

⭐天井から鳴る音は製作者の意図とは違う音。

アトモスの天井スピーカーは鳴らない時間があるけど、ドルビーサラウンドは常時鳴る。

入力される音声はあくまでも5.1chなどの音声成分。それが機械的に処理されて天井スピーカーに振り分けられる。

その仕組みはぼくにはわからないが、かなり自然で違和感がほとんどない。

たまに、「その音は上じゃないんじゃ…」というときもあるけど無視できる範囲だ。

もうひとつは、天井スピーカーがほとんどの時間鳴る。

例えば、映画のアトモス作品は、天井からの音を特に必要としない人間ドラマのシーン等では、意図的に天井の音をミュートしてる。

作品によっては天井から音が出る総時間は3割以下と、トップスピーカーは意外と鳴らないことも多いんだけど、ドルビーサラウンドは常に処理がかかるらしく、音量は微細でも音は出ている。

ドルビーサラウンドがあると、リスナーの周囲から上方向の北半球の音場を感じられる。これが予想外に自然なサラウンド感。

YouTubeのステレオ音声でも心地よく音が部屋中に広がる。

えいが子
えいが子
いかにも天井鳴ってますという下品な感じではないね、洗練されてる…昔の作品をもう一度見返したくなるよ

5.1ch⇒5.1.2chのアップミックスのサラウンドでアトモス風の自然な立体感が楽しめる

ゲームこそ、ドルビーサラウンドが熱い!

アトモス対応AVアンプを買うべき理由はたくさんある

ぼくのアトモス導入前のイメージはアトモス対応AVアンプを買ったら、必死にアトモス音声を探し求めると思い込んでいた。

でも実際は、Blu-rayのディスクメディアで高音質のリアルアトモスを楽しむのと合わせて、ドルビーサラウンドでコンテンツを楽しんでいる。

くろかわ
くろかわ
その比率は恐らく1:9

実際アトモスアンプユーザーはそういう人多いんじゃないかな?

さらに、アトモスアンプは音響の基本性能が高いというのも、多くの人が感じるはず。

アトモスという次世代規格をサラウンド再生するために最低限の音響レベルはクリアしていないといけないのだから普通に考えて当然といえる。

だから、音の悪いアトモスアンプというのはない。

月並みな表現だけど、「やっぱり最新のAV機器はすげーな…」というのが本音。

あとね、アトモスアンプはリセールバリューも高い。

NetflixやAmazonプライムの豊富な5.1ch配信作品を
ドルビーサラウンドで味わうのが、
2021年からのホームシアターの王道。

駆け足でアトモスアンプ導入の意外な魅力を伝えてきたけど、ぼくの毎日のYouTube、音楽、映画、ゲーム、全てドルビーサラウンドで聞いて音響については大満足してる。

これはほとんどの日本人はまだ知らないはずだから伝えたいな~

映画やゲーム好きな人に同じ体験をしてもらいたくてしかたないんだ。

アトモス対応AVアンプ、どれを買えばいいのかわからんという人は、ぼくと同じモデルのこれ👇️安くて音がいい。