ホームシアター

インピーダンスの異なるスピーカーをAVアンプに接続しても大丈夫?

インピーダンスの違うスピーカー

インピーダンスの違うスピーカーをAVアンプに接続して5.1chシステムを組む場合

例えば上の写真、フロントスピーカーは6Ωでセンタースピーカーは8Ωのような時ね。

えいが子
えいが子
そもそも6Ωと8Ωの、抵抗値の違うスピーカーを組み合わせていいの?大事なAVアンプが壊れちゃったりしたら嫌だよ…
くろかわ
くろかわ
Ωの異なるスピーカーを組み合わせるのは、AVアンプへの負荷や音質面では何の問題もない、というか…ぼくのシステムもそうだよ

でね、

最近のAVアンプはインピーダンス設定という機能がついてるものがある。

AVアンプのインピーダンス設定機能はサラウンド感を向上させるといった、直接音質向上に関係する話ではないよ。

あくまでマッチングを高める、最適化するというものだから気楽に読んでほしい。

AVアンプのインピーダンス設定?

※DENON公式より引用

例えば4Ω・6Ω・8Ωと3段階切り換えられたりする、メーカーによってはフロント(メイン)スピーカーのインピーダンス設定となってるものもあるけど基本的な考え方は同じ。

えいが子
えいが子
えっ、そんな機能知らんかった…取説に4Ω~16Ωって書いてあるからその範囲なら何でもOKでしょ?
くろかわ
くろかわ
そうなんだけど、お買い上げ時の設定は8Ωのアンプになってるんだ(X1600Hの場合)

製品仕様書のアンプ部を見ると、4Ω~16Ω対応となってる。

インピーダンス設定で変化する最大パワーとエコモードの関係

例えばぼくの愛用モデルX1600Hを例に考えると、

インピーダンス設定を手動で4Ωに設定した時に、アンプの最大パワーが得られる。

ただし4Ωにすると、エコモードにならなくなる仕様。省エネではないからね。

つまり、工場出荷時(8Ω)の設定は出力がおさえられているということだね。

一般家庭では省エネ性能も求められるし、小型スピーカーで組むと多くの場合6~8Ωで構成されることがほとんど。

だからインピーダンス設定を知らずに出荷時の8Ω設定のまま、6Ω、8Ωのスピーカーを混在させて使っていても大丈夫な範囲。

壊れないし、音質に悪影響もない。

AVアンプとスピーカーの関係で破損が心配な人はこちらも参考になるよ👇️

えいが子
えいが子
じゃあどんな時に使うのよ?
くろかわ
くろかわ
お気に入りのフロントスピーカーが4Ωだったら4Ωにしたほうがいいよ

例えば、ぼくには高価で買えないけど

これをフロントに使ってホームシアターやってみたいのよ(宝くじ当たって広い部屋があればね。中年の夢)👇️

えいが子
えいが子
うーん、5万円オーバーはあんたにはきついね…

で、このJBLは4Ω。ほんとはフロントとサラウンドの4本これで組みたいけど、予算的にサラウンドはもっと小型なJBLにするとして仮に6Ωだとする。

このシステムをお買い上げ時の設定8Ωのまま使うとどうなるか?

「ついに憧れのJBLサウンド!いっちょ大音量でぶちかましてみるか~w」とボリュームを大音量にしたときに、8Ω設定のままだと音が歪む場合がある。

この時にインピーダンスを4Ω設定にすることで、アンプとスピーカーの双方のマッチングがとれて、JBLのスピーカーの性能を引き出すことができるというわけ。

音量と鳴りっぷりは変化するから、音が良くなったように感じるかもしれないけど恐らくブラシーボw

だだ精神衛生上いい!というのはオーディオにはけっこう重要だったりするからしっかり合わせて使おうよ。

ぼくはこういう機械的なことは専門じゃないから、メーカーの人に聞いたんだけどね。

くろかわ
くろかわ
接続しているスピーカーのいちばん数字の低いインピーダンスに合わせるが正解
えいが子
えいが子
わかったけど…サブウーファーは?
サブウーファーSYS-2020
くろかわ
くろかわ
ライン出力でアクティブ(アンプ内蔵のもの)サブウーファーと繋ぐ場合がほとんどだと思うから、今回の場合は考えなくてOKだよ