ホームシアター

【名機FE83EN】映画サラウンドに小型フルレンジスピーカーは使えるか?

映画のサラウンドシステムに、FOSTEXのFE83ENという小型フルレンジスピーカーを使っていた。

一般的に本格的なサラウンドシステムはツーウェイ以上のスピーカーでつくられているから、フルレンジどうなの?という疑問がわいてくる。

5.1chスピーカー選定に悩む人、FE83ENに興味がある人に知ってもらいたい記事だ。

フルレンジスピーカーFE83ENとFE83NV紹介

FOSTEXというメーカーのFE83ENという名機

※現在は終売の為、プレミア価格に!
当時は4,000円ちょいで買えた。

後継機のFE83NV、時代とともに進化してる。現在ぼくのメインシステムはこれ👇️

なぜFE83ENをサラウンド5.1chのセンターに使うのか?

くろかわ
くろかわ
人の声の圧倒的な美しさを再生できるから。

FE83ENは8年ぐらい前に自作スピーカーマニアの聖地、秋葉原のコイズミ無線で購入して、BOXは10㎝ユニットのものを加工して組んである。

*P800-Eがそのまま付けられるサイズのBOXだが、コイズミ無線で実際に聞き比べると低音の量感がP1000-Eのほうが優れていた。

そのままでは口径が合わないのでスペーサーを使用する。
前面に肌色の木材が張り付いてるのがスペーサー、コイズミ無線で入手できる。

しばらく倉庫に眠っていたが、

「世界最小貧乏サラウンドシアター」を研究しようと思い、引っ張りだしてきた。

FE83ENは新品でペアで10,000円+BOXと端子やターミナルが必要だから、貧乏?というには少し違う気もするが…

センターキャップが潰れたFE83En

そう、センターキャップも不注意でつぶれてしまった(涙)

因みに脱線するけど、この写真のレベルで

センターキャップが潰れると音は悪化するか?

答え:音響のダメージより精神的なダメージ

正直ぼくにはわからない。悲しいよ…大好きなスピーカーだったから。

でも目を閉じて音楽を聴くと聞き分けることはできない。

相変わらず美しい音色を奏でる。そりゃ機械で測定したら何かしらの変化があるのかもしれないが、ぼくのクソ耳にはわからない。

この8cmのフルレンジスピーカーをサラウンドのセンタースピーカーとして使ってる時点で、

こいつ素人だな…」と

ぼくのサイトを閉じた専門家の方もいると思う。

一般的にデジタルサラウンドは、しっかり高音域が出る2ウェイスピーカーを推奨してるからね。

だから高音も低音も得意ではないフルレンジスピーカーは邪道、もしくはエントリークラスの扱いとされている。

しかもこのFOSTEXというのは、特にサラウンドに不向きという意見が多いんだ。

自作派の人達がみたら

「ああ… 、いいスピーカーだけど5.1chにはちょっとどうかな…」

となるはず。

ところが、ぼくはあえてFE83ENを使ってる。初めはフロントに使ってみたけど、この使い方だとサラウンドスピーカーとの繋がりがいまいちよくない。

くろかわ
くろかわ
最高の使い方はセンターだ!

このスピーカーは低音が出ない。

普通のでないというレベルではない。160hz以下はでない。

どういうことかというと、ドンという身体に響くアタック音がほぼ皆無ということなんだ。

じゃあ何処がいいの?

となるけど、高音域は得意。

特に女性ボーカルを鳴らしたら、このスピーカーの右にでるものはないくらい、心に響くいい音色。

これはBOSEが音がいいとか、ダリがナチュラルとかそういう次元ではないのだよ。

人の声の切なさや、哀愁が漂う粋な音

だから低音が不足してるのは百も承知の上で主にセンタースピーカーとして利用してシステムを組んでいる。

結局、小型フルレンジスピーカーのサラウンドは成立するのか?

小型フルレンジの場合、近距離サラウンドをオススメする。

もちろんぼくみたいにフロントスピーカーなどに2ウエイスピーカーが混ざっても組み合わせによっては全く問題ない。

それどころか、いろいろ実験した結果、むしろ最高の音響をめざしていくと、最終的には違うユニットの組み合わせになるような気がする。

やはり、比較実験してしまうと、フルレンジと2ウェイでは差が出る(^^)/2ウェイのほうが、生活音や環境音が圧倒的にリアル。

ぼくみたいにどうしてもセンターにフルレンジ使いたいなら、

10㎝以下のフルレンジスピーカーで、高域が美しく再生できるようなスピーカーなら試してみよう。

ついでに書いておくと、スピーカーのメーカーは特に合わせなくていいからね。

「サラウンドではスピーカーのメーカーを統一したほうがいいのでしょうか?」という質問をよく見かける。

ぼくのシステムはメーカーめちゃくちゃでやってきた。最初はそこまで神経質にならずに、サイズや能率などを重視するようにすれば大丈夫(^^)

FOSTEXはサラウンドで使用する人あんまりいないようだけど、

FE83ENやFE83NVをセンタースピーカーとして使う

P650Kをサラウンドスピーカーやアトモスのトップミドルスピーカーとして使う

というのはなかなかいい選択だと思うんだ。音が聴き疲れないんだよね…

AVアンプで小型フルレンジを鳴らしても壊れないの?

これは心配な気持ちよーくわかる。

ぼくも最初怖かった。

例えばAVアンプってチャンネルあたり130Wとか。

それなのに小型フルレンジは8Ωとはいえ定格で8wとか10wとかだから、なんか一瞬で飛びそうだよね。

でも通常の音量なら特に問題ない。

詳しくはこちらで解説してる。安心してサラウンドを楽しむためにも読んでみて⬇️

ぼくの理想のセンタースピーカーFE83EN ありがとう!

「低音出ないセンタースピーカーってどうなのよ?」

これが気になるところなんだけど、意外といける。

ぼくの庶民の5.1chサラウンドシステムは小型スピーカーなので、

センター、サラウンドを180hzでクロスオーバーさせてる。

なるべく低い周波数でクロスさせようとはいうけれど…

クロスオーバーは必ずしもセオリー通り繋げる必要はない。

「映画サラウンドと、音楽の2chステレオを同じシステムでどちらも最高!」
ができないことはオーディオ好きなら一致する意見だと思う。

しかし変えるのって面倒だよね…、なるべく設定いじらないでそのままどちらも楽しみたいじゃん!

だから5.1chをしっかり調整して映画をバッチリにしてから、AVアンプの音響モードを切り替えて音楽も楽しもう。

ピュアオーディオか、ダイレクトのモードにしてFE83ENの2.0chで音楽を聴くと、低音域はないけどBGMとして聞き流すには心地よい。

本気で聴くならstereoモードで2.1ch

YouTube番組を観るならドルビーサラウンドがぼくのお気に入り。

ドルビーサラウンドモードだと、センタースピーカーはかなりの割合でメインとなる音が割り当てられるため超重要。ナレーションが多いYouTube番組の場合、圧倒的な人間のセリフ再生能力を持つFE83ENの真価を発揮することができる。

好きな音質でナレーションやYouTuberの声が聴けるというのは素晴らしい体験だよ。

FE83ENでホームシアターが豊かになる

海外のオーディオ愛好家の方のお部屋の写真を眺めていると、ぼくにはとても手が届かない高級なスピーカーが並んでる。

JBL~B&W~北欧系スピーカーまで様々。

その中にひっそりとFE83ENが佇んでいるのを発見することがある。

愛好家はきっと価格ではない価値を感じてるのだろう。

FE83ENを2.0chステレオ再生でBGMを流し聞きするような使い方をしてみる。

超高域でない、サブウーファーも鳴らさないから低音は全くない。

最初はたまらなく物足りない地味な音に聞こえる。でもBGMとして流して作業しているうちに、素晴らしく美しい音が流れていることに気が付く。

「これがあれば、高価なスピーカーは買えないけど幸せだなぁ…」と思う瞬間だ。

という訳でこれから長くつきあうなら入手のしやすさで、FE83NVも同じくオススメだ。

FOSTEXの兄弟分P650Kもホームシアターに使えるよ↓特にサラウンドスピーカーとして。

もっと攻めたい人には、段ボールもある(笑)👇

映画を楽しむのに決まりはない!

でも、今より少しだけいい音で観れたら…

その方法はぼくのサイトに書いてある。

いろいろ読んで映画音響を楽しんでね(^^)/

この記事おわり!

ぼくの映画館使用AVアンプ👇この価格でアトモス対応の神機