ホームシアター

FXD03Jでドルビーデジタル5.1ch出力してみたら、予想外の結果に!

FX-D03J

HDMI端子がない!

デジタル音声出力もない!

ヘッドホン出力とUSBのみというパソコンではドルビーデジタル5.1ch音声をAVアンプに出力することができないから、PCでホームシアターしたいぼくは困った。

アナログ出力ではドルビーデジタル音声が伝送できないからだ。

そこで、USBから光デジタル出力するためにFX-D03JをAmazonで買って使用してみたので、感想をレビューするよ。

FX-D03J を使ってHDMIポートのないウインドウズ10パソコンでドルビーデジタル5.1chを楽しむ方法も紹介↓

FXD03Jでデジタルサラウンド5.1ch出力に成功!

デスクの下にAVアンプとサブウーファー

まず、AVアンプに同軸デジタルケーブルで接続し、当初の目的であるドルビーデジタル5.1ch出力はできた。

音源はネットフリックスのウインドウズ10アプリ(PCはアプリ版のみドルビーデジタル対応)

AVアンプの表示に*ドルビーデジタルのマークが表示され、5.1chスピーカーからそれぞれ音が出力された。

ちゃんと調整すればサラウンド感もあって音もそこそこ。

ちなみに、同軸ケーブルや光デジタルケーブルで伝送できるのはドルビーデジタルまで、それ以上のフォーマットのドルビーデジタルプラス音声などは送れない。
ネット上で同軸デジタルケーブルでドルビーデジタルプラスのデータが送れるとする情報も見かけたことがあるけど、ぼくの環境ではいろいろ試したけどHDMI以外で認識したケースは1度もない。

今のところ確実にドルビーデジタルプラスを伝送できるのはHDMIケーブルだ。

5.1ch再生時にノイズ問題発生、効果的な対策はあるのか?原因は?

しかしここで大きな問題がおきた。

パソコンを立ち上げて、アンプの電源を入れてすぐにNetflixのドルビーデジタル5.1ch対応の映画を再生しようとすると、

バリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリッ!

と盛大なノイズというか異音というか機関銃のような音が鳴る。

その時、映画の音声は全く聞こえない。つまり機械的にエラーがおきているようなのだ。

そしてそれはパソコン立ち上げ時に起こることが多い。

発生する時と、全く発生しないときがあるからややこしい。

この出来るときと出来ないときがあるというのが謎だ。

できるならできる!できないならできない!

それがデジタルの世界なのでは?と思ってしまう。

結論としては、今のところわからない。

状況は…

映画を見ようとして、パソコンを立ち上げた時の最初10分ぐらいにほぼ発生。

あまりに恐ろしい音なので、USBをひっこ抜いて、差し直すとノイズは消える。でもドルビーデジタルではなく、PCM2chデジタル出力になる。

ノイズ発生はNetflixでドルビーデジタル5.1chソースを再生しようとした時のみ。

普通にPCM2chステレオでYouTubeなどを視聴してるときは一切問題なし。というか音質はとても美しい。

USB-DACとしてノイズも全く感じない。オーディオパーツとして優秀だと感じる。

何度かUSBを抜き差ししてドルビーデジタル5.1ch出力が出るようになれば、パソコンをシャットダウンするまで再発はなし。

中古のAVアンプONKYO TX-NA609のせいなのか?相性の問題か?

電源入れてから最初の10分ぐらいは何やってもダメなのでなにか温まらないと作動しないメカニズムなのか?

今後も検証をして原因を探ってみる。わかったら追って報告するよ。

※購入から2か月、相変わらず原因は不明な機関銃ノイズ問題。

しかし、発生頻度は激減しました。最近では電源オンで直ぐに普通にNetflixでドルビーデジタル再生ができる日も多い…なんだろう?

ぼくの推測だけど、ドルビーデジタルフォーマットと、ドルビーデジタルプラスフォーマットの互換性の切り替え判定が悪さをしてるとみてる。

例えば、同軸ケーブルでドルビーデジタルプラスフォーマットは送れないのに、プラスの信号が流れた時に発生とかね。専門家じゃないのでわかりません…

なんと!販売元のNFJさんから機関銃ノイズ問題に対する回答が!

ぼくのヨタ話は忘れて下のTwitterの内容を確認して欲しい⬇️

ただ誤解しないでほしいのは、ぼくはこのFX-AUDIO FX-D03Jが好きだ。

確かにサラウンドホームシアターやるにはイライラ💥する。

でも次に解説するUSB-DACのような使い方はおすすめだよ。

FXD03Jは安価なUSB-DACとして使える。

fx-D03J

映画にもデスクトップオーディオにもおすすめだ。*2020年6~7月現在入手困難(非常に残念)

実はこの FXD03J 、しばらく販売中止となっていた。

ところが遂に、2020年8/20~熱い要望に応えて再販決定!

NFJさんありがとう(^^)/

FXD03JはUSB-DAC風に使える。厳密にはデジタル→デジタル変換で中継する。

因みに、買ったときの箱にはちゃんとUSB DDCと書かれている。

FX-D03Jはデジタル→デジタルの変換のみだけど、パソコンのUSBからデジタルで音声を出力できるから、手持ちのデジタル入力つきのアンプに繋いで高音質に音楽を再生できる。

そういう橋渡しが、シンプルな高品位パーツで、さらに安価で実現できるという意味で人気なんだね。

とくに、光デジタル/同軸デジタル入力を持つ自分のこだわりのアンプを持っている人なら、余計な機能満載でデザインも凝っていて値段が何万円もするUSB-DACを買うよりいいケースもありえる。

ぼくみたいにドルビーデジタル5.1chデータをAVアンプに送るのにも使える。*機関銃ノイズ問題は自己責任でお願いします…

あと光デジタル/同軸デジタルの2系統が同時出力ということだから、工夫しだいでいろいろ可能性が広がるのも、マニアに選ばれる理由だろう。

変換するだけ、という潔さがFX-AUDIOのFX-D03Jの魅力。さらに値段が2700円ぐらいと破格だ。

こんなサイズ感
極短USBケーブルだけが付属する。
好みの別れる鮮烈なブルー(笑)

先ほど報告した5.1ch機関銃ノイズ問題。その度にいつも抜き差ししてるのが、この極短USBケーブル😭

もしかしたらこのふざけた色のケーブルにノイズの原因が?!

と思って高級?なUSBケーブルを繋げてみたが同じく機関銃ノイズは出たので、たぶん関係ない。無罪!(普通の環境の方は気にせずOK)

USB2.0でいける、この場合アンプのディスプレイで確認する限り、24bit48khzになる。USB3.0に差し替えると、同じ条件、音源で24bit96khzと表示される。

PCM96khz

データ転送速度と給電能力だけの差とおもってたんだけど何故だろう?

ネットで調べてみたけどわからなかった。

因みにUSB3.0→HDMI変換のアダプターで評価がまずまずの製品って2万円近い価格!

1万円以下の怪しい製品のレビューは音が途切れるとかのネガティブレビューが目立つ。

ちょっと試すには躊躇するよね。

最初から普通にHDMI端子があることは幸せなことなんだな…🍀

というわけで、いぶし銀のオーディオパーツFX-AUDIO製FX-D03Jはシンプルな良品だった✨

で、実は現在(2020年8月)FXD03Jは買えない。

AmazonでもFX-AUDIOの公式サイトでも再入荷未定となっている…

コロナが拡散した4月ぐらいから入手ができなくなった感じだ。

ぼくみたいに、HDMIのない変態PCを使っている人が5.1chを楽しむためにはFX-D03J 一択だ。