ホームシアター

安いプロジェクタースクリーンでも綺麗に映る?【2000円台VANKYOレビュー】

Amazonで2000~3000円ぐらいで販売している激安プロジェクタースクリーンを買って使ってみたので報告するね。

果たしてこの金額を投ずる価値のあるものなのか?そこがポイントだよね。

まず知っておいたほうがいいのは、

プロジェクターというのは、けっこう融通がきく。

夜、真っ暗な森の中でスクリーンもなくいきなりプロジェクターを点けると、いちおう森の中の木の幹や葉っぱなどに映像は映し出される…
画像はめちゃくちゃだけどね。

くろかわ
くろかわ
知らない会社のビルの壁に100インチ投影してもけっこう見れる
えいが子
えいが子
怖えーよ!サイコ野郎…

つまり、部屋に適当な白い壁があればとりあえずは映せるし、普通に見れる。

でもやはり映画館と比べると、映像の滑らかさとか、明るさ、発色には不満はある。

えいが子
えいが子
えっ?映画館と比べちゃうw

ここから2000円ちょい投資して、さらに綺麗に見れるようにする方法を解説するよ(^^)/

くろかわ
くろかわ
庶民のホームシアターはもっと輝ける

安いプロジェクタースクリーンVANKYO壁掛け式を購入

72インチを2088円で購入
えいが子
えいが子
ユニクロとかで買ったような雰囲気のアパレル風味の包装で送られてくるよ

開封して…まず匂いだが…安心してくれ!

特にどうということはない。普通にしまむらでパジャマ買ったときの匂いだ。衣類の匂い。

中華系の製品のレビューは、まず匂いで叩かれているのをよく目にするが、別に食べもんじゃないし、多めに見てあげたらいいんじゃ…すぐ消えるし。

次に…生地はめちゃ薄い。全裸でこれをマントのようにして家から出ると、高確率で逮捕されるような感じ。

VANKYOの壁掛け式プロジェクタースクリーンのレビューをみると、

画質は満足!…しかし、

主に2つの不満が書かれているが、庶民のホームシアター研究家のぼくとしてはポジティブに捉えている。

生地が薄く裏地もなし⇒生地が軽量、だから安い値段で買える。

ストレッチ素材でたるむから設置に苦労⇒適当に張り付けれる、修正もカンタン。

つまり、画質がそこそこレベルだから激安なのではなく、設置しやすい作りにコストをかけていない、高性能スクリーン生地のみで売られているから激安なんだと理解しよう。

設置のしやすさは、はしょられているので、少し工夫して設置する必要があるんだ。

でも心配無用、ぼくのやり方をマネすれば簡単だよ(^^)/

えいが子
えいが子
嫌な予感しかしない…

安いプロジェクタースクリーンはひと手間かけるのがポイント

…少し嫌でしょ?

真四角がいいよね、それはわかってる。

ストレッチ感のある伸びる素材だからあんまり神経質になってもしょうがない、軽く引っ張りながらバランスを見つつ、ガンガン画鋲で止めよう。

これが設置に15分ぐらいかけたクオリティ。

取り付け用の付属品もいろいろついてくるけど、ぼくは何も使わなかった。

しばらく取り外す予定もないから、100均で売ってる頭がクリアーになってる画ビョウだけでしっかり固定できた。

このスクリーンは商品説明にシワなしと表記されているが、送られてきたものには小さなシワがいくつかある。

留め金の跡とか、ど真ん中に折り目が入ってる。

が、

引っ張ればある程度は伸びて解消される。

ここは少し深呼吸して大人になろう。

引っ張って完全に消えなくても、投影してみれば案外大丈夫なものだ。
時間経過とともに薄くなるだろう…たぶん
こうしてみると、白壁の表面は凸凹。
字幕が綺麗になるとか、人物の肌が綺麗に見えるとかレビューにあるけど、うなずける。

👆このようにリングの金具があるから、そこに画鋲をグサッ!

72インチの場合10個のリングがあるけど、それだけだと中間がたるむ感じが否めないので…

もう金具なんてただのデザインだw

黒いとこならどこでも刺していいよ。

「えっ、そんなことしたら時間たったら破けてきちゃうんじゃない?」

それは心配無用だ。 VANKYOのスクリーンのペラペラ感は伊達じゃない。

72インチで400gと超軽量。

余談だけど、この黒い帯のようなもの。

専門用語ではブラックマスクと言って、画面のフチを黒くすることで、明るい画面とのコントラストを高め画面をハッキリ映す効果があるんだけど…

このスクリーンの場合、そもそも真四角にするには人間国宝レベルの匠の技が要求される。

だからぼくみたいに72インチをだいたいで貼る⇒端の方はややシワができる⇒中央のシワのない65インチ相当のエリアに投影。というのが凡人パターン。

投影希望サイズより一回り大きめサイズを買おう!

えいが子
えいが子
ブラックマスク…意味ないじゃん
くろかわ
くろかわ
そこは画鋲挿すのに、非常に重宝する

でね、ここからはプロの技だが、 VANKYOのスクリーンは裏地がない。

だから、事前に下地としてクラフト紙を貼っておくことで黒の表現が深くなる。

このうえからVANKYOのスクリーンを貼ると投影したときに少し差がでるよ。

レビューでスケスケで壁と反射して輪郭が…みたいな悩みを持っている人がいるようだけど、これでだいぶ引き締まるはずだ。

そもそも壁がダーク系や黒いバックの人は問題ないよ。

というわけで、無事?設置完了だ。

当然もっと手間をかけて綺麗に設置したいという人もいるでしょ?

Amazonの商品レビューを読むと、偉大な先人たちの設置の技を見ることができる。

綺麗に設置するために材料費を2000円ぐらいかけてるこだわり派の人もいて、ホームシアター愛が伝わってくる素晴らしいレビューが多いので参考にしてね。

もちろんぼくみたいに感覚でガンガンいくのもありだ。(Amazonレビューだけ読んでると、お手軽な設置ができないと誤解がありそうなので強調しておく)

因みに送られてきて、スクリーンをぱっと広げた感じ、真四角ではない…ややひし形というかイビツ。金属の丸いリングの配置されている間隔が一定でない。

この辺りが、レビューにある、いちど開封されて返品されたものが送られてきたというコメントに繋がってるのかな?と思った。

じっさいに取り付けて数時間経ってみたらだんだん変形も取れてきてリングの間隔も均一になってきた。

完成して投影するとこんな感じ👇️

これはぼくが愛用してるフルHDプロジェクターYAVER V6(2万円)で投影したところ

えいが子
えいが子
プロジェクターはVANKYOじゃないんかい!

プロジェクター、プロジェクタースクリーン、ファイヤーTVスティックが2021年ホームシアターの3種の神器だろう。

安いプロジェクタースクリーンを設置したら、画質の調整をしよう

モバイルプロジェクター

壁投影も含めて、スクリーン全般に言えることなんだけど、プロジェクター本体のホワイトバランス、明るさ、コントラスト、シャープネスなどの設定は投影先が変われば当然変化するんだよ。

このスクリーン…なんか青白い?

そうじゃない!プロジェクターの調整で好みの色合いになるようにちゃんと調整しよう。

そこをやらずに、「安物のプロジェクタースクリーン買ったら、いまいちだった」というのはもったいない。

明るさの調整も重要、特に明るさのスペックの低いプロジェクターで輝度を上げて白壁投影してた人には試してほしいことがある。

明るさを標準のレベルに戻す

基本的に白壁より、専用スクリーンは明るく投影できる。

だから、部屋が同じ環境なら、今までより明るさ(輝度)を少し抑えて投影することができるはずだ。

そうすることで、白飛びしてしまうほどギリギリまで頑張って明るさを上げることで失っていた解像度を、映画本来の表現に近づけることができる。

白壁と、スクリーンの素材の差もあるんだけど、実はこういう調整の部分で画質向上の可能性もあるということを知っておいてほしいんだ。

VANKYO壁掛け式プロジェクタースクリーンの画質はとても綺麗だった

これ500ルーメン720Pのモバイルプロジェクターの画像。そう考えたら凄くない?
フルHD1080Pとか持ってる人はもっと綺麗だよ(^^)/
白壁投影の弱点は青空をうまく表現できないこと。青がドットっぽい表現になる。
専用スクリーンは滑らかさと、明るさで有利。

モバイル三脚
もう7年使ってる、720P500ルーメンのモバイルプロジェクター
今ではもの足りないスペックだけど、激安スクリーンを使えばまだまだいける!
無理に明るさを上げないで使えることが高画質につながる。
*このイタリアンデザインのミニ三脚が、実はすごいので最後のほうに商品リンク貼っておくよ
カラーも選べるんだけど、ホワイトがメチャかわいいw
実際はスクリーンには小さなシワもスジもあるんだけど、映画を投影するとほとんどわからなくなるから不思議。どちらかというと、ドラえもんとかアニメ作品のほうがスクリーンのシワが目立つ。
えいが子
えいが子
ドラえもんで検証する45歳…
PS3「グランツーリスモ5」

こちらはフルHDプロジェクター、YAVER V6でプレステのゲームをVANKYOスクリーンに投影した画像。これみると1080P欲しくなるよね。

白壁投影だとこれだけ細かいパラメーターの数字は読みにくい、ぜひ専用スクリーンに映して最高画質で楽しみたい。

VANKYOの壁掛け式スクリーンを使ってみた感想は、

折りたたんでしまえるとはいっても、綺麗に(シワにならないように)設置がそこそこ手間なので、ぼくみたいに常時付けっぱなしの人に向くのかなぁ…

あと、きっちりしてないと気が済まない(ちゃんと真四角!)人には向いてない。

ぼくみたいに予算的にあんまり出せない人が、DIY的に取り付けて高画質を実現したい人には最高。

予算はある人でも、まずは激安スクリーンで「専用スクリーンの綺麗な画質」を体験してから、

「こんなに綺麗に映るなら、多少金額出しても、美しく簡単に設置できるロール式プロジェクタースクリーンを買おう!」とさらにステップアップするきっかけになればそれも意味があると思うんだ。

VANKYO以上の製品を買う場合は画質の向上よりも、設置の利便性にお金をかけるという感覚で買ったほうがいい。過度の期待は禁物だ。

それほどVANKYOのスクリーンは画質がいいということでもある。

現代のホームシアター界隈を見渡してみても、映画再生に超重要な画質に対してこの費用対効果はなかなかない…

とりあえずプロジェクターだけ購入して白壁投影で楽しんでいる人は次のステップとしてぜひ挑戦してみよう(^^)/

この記事を読んで、いまいちポイントもしっかり覚悟できたと思うからw

くろかわ
くろかわ
価格は2000円だけど画質は上等、安心して買って大丈夫だよ
えいが子
えいが子
あとは取り付けと、プロジェクターの調整をがんばらないとだね