ホームシアター

ホームシアター用スピーカーの選び方とオススメ【失敗しない低価格入門向け】

ホームシアターのスピーカー選び方

ドルビーアトモスや5.1chホームシアターを今から始めたい!

だけどスピーカーってどんなのを使うべきかわからない。

安くないものだし、失敗したくないなぁ…

というのが本音だと思う。

各スピーカー毎にポイントを解説するから悩んでいたスピーカーを決める参考にしてほしい。

えいが子
えいが子
あたしいつかはドルビーアトモスにしたいんだけど、天井以外のスピーカーは5.1chと同じでOK?
くろかわ
くろかわ
各スピーカーを選ぶ基準はアトモスも5.1chも共通だよ。まずはしっかりした5.1chシステムを作ってから天井にスピーカーを追加するというイメージだ

失敗しないスピーカー選びを動画で↓47分と長いので作業しながら聞き流してね

ホームシアター用フロントスピーカーの選び方とオススメ

⭐低域の再生周波数が60hz以下まで出るもの

⭐ツーイーターのある2ウェイスピーカー

⭐ウーファー径が最低10cm以上、可能であれば13m以上

新品低価格で買えるスピーカーで上記を満たす「ぼくの映画館オススメ」はこれ↓

まず、フロントスピーカーは全てのスピーカーの中でいちばん重要。

サラウンド音響のメインとなるスピーカーなので、低予算といえどもここをケチると最終的なクオリティが下がってしまう。

えいが子
えいが子
フロントスピーカー命やな
くろかわ
くろかわ
既にオーディオ用に上記の条件をクリアするようなスピーカーを持っているなら迷わずそれをフロントスピーカーとして使おう!

スピーカーを購入するときに必ず製品仕様というのを確認しよう。

例えば再生周波数帯域:55Hz~28kHzなどと記載されていればOK。

低音は60Hz以下が出て、高音は20kHz以上でるというスペックだから、ホームシアターのフロントスピーカーとして使えるよ。

AVアンプの自動音場補正機能を使うと、リスナーまでの距離にもよるけど「フルレンジ」⇒「60hz」あたりで設定されるスピーカーを選ぶことで映画の重厚さ、モノの移動感の再現が良くなる。

くろかわ
くろかわ
このサイズ以上のスピーカーを選ぶと、よりサラウンド感を楽しめる、フルレンジで鳴らす選択肢もでてくるので調整の幅が広がる

NS-BP200では奥行き、設置性が…という方はこちらも検討してみよう↓

くろかわ
くろかわ
この記事のメイン画像で使用しているスピーカーはNS-BP110。↓の製品仕様の再生周波数帯域をチェックしよう。このスペックならOKだ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1622738051205-min.png

ホームシアター用センタースピーカーの選び方

⭐低域の再生周波数が80hz以下まで出るもの

⭐ツーイーターのある2ウェイスピーカー

⭐ツインウーファーのモデルに拘る必要はない、設置可能ならフロントと同じスピーカーを横3台並べるのがベスト

新品低価格で買えるスピーカーで上記を満たす「ぼくの映画館オススメ」はこれ↓

センタースピーカーを探していると、ウーファーが2つ、真ん中にツーイーターが搭載されているレイアウトのセンタースピーカーを良く見かけると思う。

センターはフロントより設置に制限があるため、あまり大きいウーファーを搭載できない。

そこでツインウーファーにして低音の量感を稼ぐとともに、真ん中のツーイーターに音が引っ張られる形で音を真ん中にもってくる働きをする。

この構造でフロントより一回り小さなスピーカーでも、前3つの音の量感のバランスをとることができる。

が、フロントと同シリーズなどを揃えるとどうしても予算が上がる。ほんとはこういうの使いたいけどねw

えいが子
えいが子
フロントと全く同じ、ツーイーターとウーファーが縦に並んだツーウェイのブックシェルフじゃあかんの?
くろかわ
くろかわ
いや、全くそんなことはない、設置できるなら見た目の統一感もあって音もいいよ
いっそのことサラウンドも…

そこで、中古で安く同じモデルが手に入るなら、フロントスピーカーと同じモデルを5本揃えるというのもいい作戦だ。

フロント、センター、サラウンドの計5本を揃えると3ペア購入することになるので、中古市場としてタマ数あるか?という問題もあるけど、奇跡的に格安で買えるタイミングと、設置スペースに余裕がある人、気合いで設置できる人は是非トライしてみて欲しい。

中古ならこのあたりの記事を参考に↓

ホームシアター用サラウンドスピーカーの選び方

⭐低域の再生周波数が80hz以下まで出るもの

⭐壁ピタで設置ならリアバスレフになっていないフロントバスレフ、密閉型を選ぶ

⭐とにかく予算を抑えたいなら、サラウンドスピーカーだけは徹底的に妥協して始めるのもあり

新品低価格で買えるスピーカーで上記を満たす「ぼくの映画館オススメ」はこれ↓

えいが子
えいが子
サラウンド置きたくないよ~邪魔だもん…で!どこに置けばいいのよ?
くろかわ
くろかわ
下の記事を参考にして配置できれば、5.1chサラウンドの表現がよくなるから頑張ってほしい

低価格サブウーファーの選び方

この記事の解説ではこのようなサイコロスピーカーは推奨していないけど、サブウーファーだけ使うというのもあり
実際にぼくは和室でこのサブウーファーで合わせているよ(^^♪

⭐アクティブサブウーファー(アンプ内蔵タイプ)を選ぶ

⭐ウーファー径が最低でも16cm以上のもの

⭐最低でも30hz以下が出るもの

新品低価格で買えるスピーカーで上記を満たす「ぼくの映画館オススメ」はこれ↓

新品低価格で買えるサブウーファーはなかなかないのよ。

だから新品に拘るなら、YAMAHAのNS-SW050ほぼ一択となる

予算的に1万円出せないなら、中古の同クラスのパスワードサブウーファーを購入しよう。

メーカー製で上記のスペックを満たしていれば大丈夫!

アトモス用天井トップスピーカーの選び方

⭐ 低音が100hzぐらいまで出るもの

⭐ 角度のついたイネーブルド専用スピーカーではなく、天井にトップスピーカーとして設置できるもの

新品低価格で買えるアトモス天井用スピーカーで上記を満たす「ぼくの映画館オススメ」はこれ↓

えいが子
えいが子
これカーオーディオの世界ではわりと有名なやつよね、これをアトモス用に使うの?
くろかわ
くろかわ
ぼくも買って使ってる、AVアンプで自動測定値250hzクロスと判定されるけど、気にせず100hzクロスでOK、音の広がりもわりと良好だし、取り付け金具まで付属してくるのでコスパ最強かも

↑YAMAHAのVXS1MLBはお手軽アトモススピーカーとして人気、照明用のレールなんかにつけられる設置性も魅力。

しかしこちらは1本あたりの価格だからけっこう高価、ウーファーがかなり小さいので低音もやや足りない印象だ。

えいが子
えいが子
天井用スピーカーを1ペア買ったらどこに使えばいいの?
くろかわ
くろかわ
7チャンネルのアトモスアンプならトップミドルの位置に設置がオススメだよ↓

ホームシアターで失敗しないスピーカーの選び方とオススメまとめ

というわけで、いくら低価格、入門用といっても、この記事で示したような低音がでない小さすぎるスピーカーは避けよう。

これは5.1chスピーカーセットなどに見られる、5つのサイコロみたいな形状のスピーカーを並べるタイプも同様だ。

せっかく単品AVアンプと組み合わせて本格的なホームシアターを構築するわけだからスピーカーはしっかり選ぼう。

くろかわ
くろかわ
逆に、この記事で紹介したスペックを満たすなら、メーカーは好きなモノを選べるんだよ。これは楽しい。とりあえず基本はこんな感じなんだけど…最初からある程度のシステムを目指したいという人は下のマニアックな動画もチェックしておくとホームシアターで目指すものが見つかるよ

まだAVアンプを手に入れてないという人は↓の動画を見てから検討してみてくれ