ホームシアター

バーレスクのサラウンド音響に惚れる、ラストシーンでぶっちぎりのカッコよさ

出典:バーレスク : ポスター画像/映画.com
2010年製作/100分/アメリカ/クリスティーナ・アギレラ/シェール/監督スティーヴ・アンティン
第68回 ゴールデングローブ賞(2011年)最優秀主題歌賞

シェール&クリスティーナ・アギレラ主演のミュージカル・ドラマ。ロサンゼルスにあるラウンジ「バーレスク」を経営するテス(シェール)は、かつて有名なダンサーだったが、今は引退し後進の指導に当たっていた。そこにアイオワの田舎町から出てきた若い女性アリ(アギレラ)がやってくる。ウェイトレスとしてラウンジで働いていたアリだったがステージで歌声を披露すると、テスに認められ、その才能を開花させていく。

2019年12月Netflixドルビーデジタルプラス5.1ch

2021年1月 DTS-HD マスターオーディオ5.1chで視聴

20文字で音響レビュー「バーレスク」

えいが子
えいが子
お得意の 20文字でレビューよろしく‼
くろかわ
くろかわ
クリスティーナ・アギレラだけで12文字あ…

最後にかっけえぇぇーっ!となる映画だ。

もちろんカッコいいのは
映画初主演クリスティーナ・アギレラだ。

本物の歌手🎤がラストに本気で歌う、しかも手加減なしでメチャ上手い(笑)
全人類がお手上げ状態で終わるやつね

そういう映画が昔からすきなんだ。

その人の一番輝いている時代を切り取って映画に残すというのは

有意義なことだなぁ…って

この映画を見て思ったわけだよ。


とにかくアギレラの歌と踊りが最高だ。

出典:ネットフリックス「バーレスク」

この1:53:07のカウンターに合わせてみよう。このラストシーンは5.1chサラウンドの調整にとても重宝する。

アギレラの周りをドラムの音のようなものが、1周するサラウンド音が収録されている。

このドラムの音が自分を中心として綺麗に真円に1周回るか?

これをポイントにしてサラウンド調整するといい。

例えば、楕円に聴こえたり、1周しているように聴こえないようだと、サラウンドの設置、調整がまだまだ甘い。

これは5.1chの音作りがされているから、5.1.2chなどのアトモス環境で、【ドルビーサラウンド】などにアップミックスして聞くと、真円ではなくなる。少し左後方や右後方が曖昧になる。

どっちが良いとかではなく、天井スピーカーに音が引っ張られる現象を感じ取れる。

ステージのダンスシーンがいろいろあるけど、音が全体的に力強い。ホームシアターだから、周囲を気にして音量を上げれないのが残念だ~。

バーレスクのジャンルは?

ジャンルは…歌って踊れるイケてる女のシンデレラストーリーだろう。

ぼくの好きな映画で同じ香りがするのが、同じくネットフリックスで視聴可能なフラガールだ。

バーレスクとフラガールをまとめて

部活女子、最後は県大会決勝でフィナーレ系映画と呼んでいる

あっ、ピッチパーフェクトもそんなやつだね。

この映画、サウンドがかなりいいよ。
こだわりのホームシアターを所有している人とか再生するだけでも
たまらないんじゃないかなぁ?

テレビのスピーカーではもったいない!

この映画はぜひとも、ちゃんとしたオーディオで聞いて欲しいな(^^)/

https://mymovie.fun/2-1ch/

本気で映画館のような臨場感を味わうなら👇

庶民の~というのが最大のポイント!お金じゃないよ(^^)/

ネットフリックスで配信中のバーレスクはこんな人におすすめ

アギレラ?誰?

という人にこそぜひ見て欲しい。

むしろ知らない方がいいんじゃないか?と思う

ぼくもアギレラなんて知らないよ!外国の人だし、会ったことないし…

バーレスクはアギレラファンが喜ぶだけの映画じゃない。

特に女性で、お水系というのかな、強い女の子見てスッキリ共感できる人にオススメだよ。

ミュージカルが苦手な人っているよね?

ぼくも実はダメ(笑)

でもバーレスクはミュージカルがダメな人でも楽しめる。


ラ・ラ・ランドとかムトゥー踊るマハラジャとかって
「えっ、何故踊る?」というタイミングでも

お構いなしに無許可で踊りだすじゃん?

ミュージカルダメな人って、常に頭の中で

「だから何でそこでいきなり踊りだす?」

というのが頭の中でリフレインしてしょうがないんだよね。

この映画はちゃんと踊るべきところで踊りだすからだいじょうぶだよ(^^)/

えいが子
えいが子
くろかわ、あんた泣いた?
くろかわ
くろかわ
この映画で泣く人は…いないんじゃないか?
えいが子
えいが子
コラ!


バーレスクは泣き系の感動より、最後、スゲェもん見ちゃった!の放心状態系だ。

バーレスクと聞いてなんか、外国のストリップみたいなエッチなのを想像してしまうのはしょうがない、ジャケット写真もケバい感じの女性だからね。

でも変なシーンはないから安心だ。家族でもギリギリ見れる中学生ぐらいから見てもいいのでは?と思う。

ポスターの左のおば…女優さん(シェール)

職業は歌手だ。アギレラばかり注目されがちだが、

歌いだすと、こっちもヤバい!

むしろこっちがラスボス?

的な凄みを感じる

フランスでは有名な歌手みたいでこのキャスティングは反則ぎみだ。

オープニングのボロロン♪と鳴るギター🎸の響きで「こいつはヤベェ」と感じる、センスの塊のような音響映画。ぜひ大音量で見て欲しい。

よく「圧巻のパフォーマンス」という言葉を耳にするけど
それはバーレスクのラストのためにある言葉だ!

Blu-rayはぼくも持ってる。こちらはDTS-HDマスターオーディオ5.1ch収録。

普段Netflixの配信のドルビーデジタルプラスで聞きなれてると、音の違いに驚く。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
また、映画サラウンド音響レビューで会いましょう(^^)/
⭐映画のある人生をもっと楽しく⭐

2021年~お部屋で映画やYouTubeを楽しむには【ドルビーサラウンド】がいいよ👇️

このサイトのレビューで使っているAVアンプはこちら👇️

VODはいろいろあるけど、サラウンド5.1ch配信が実用レベルなのは次の2社だけ!

ディズニープラスがサラウンド対応したら加入予定だけど…まだかなぁ🙄