ホームシアター

ミラーリングできない人集まれ!ファイヤースティックとAirReceiverを例に解説

まず、ほとんどの人はミラーリングは上手くいかない。いきなりスマホの画面をテレビに映し出せる人なんて「天才か!」という感じ。

メーカーが製品の機能を紹介するとき、「Wifiでカンタン接続♥️」みたいに書いてるけど、

実際にやってみると、特にガジェットに精通している人以外はカンタンにはできないよ。

くろかわ
くろかわ
ぼくみたいなオタクでもうまくいかないもん
えいが子
えいが子
ミラーリングとかキャストとかいわれても、えーっと…あたしのやりたいのどれ?ってなるよ

できない…となって、ネット検索して20分ぐらいかけて、運がいいとテレビに映し出せることもある。

調べた結果、自分の端末ではできないことを知って諦めるというのがよくあるパターン。

でね、

ミラーリングできなくて苦しんでいる人をたくさん見かけるんだよ。

ネット検索してダメだった人にヒントを示せないかと思って、ミラーリングをいろいろ試してみた😃

ここまで読んで、「俺の知りたい情報じゃないな…」と感じたあなた!

ちょっと待ってほしい。

この記事はけっこうボリュームある。

iPhoneだとかAndroidとかファイヤースティックとかあんまり関係ない。

「ミラーリングとキャスト?」

「説明通りやってるのに映らない~!なんで?」

と悩む全ての人の考え方の参考にしてほしくて書いてるから、ぜひ最後まで読んでほしい。

困ってる人の悩みが、ピンポイントで解決するほど、ガジェット接続の世界は甘くないことを知っているぼくの記事だ。

因みにぼくはミラーリングはほとんど使わない。

今は単体でアプリ再生できる画像デバイスが増えてるからね。

例えばファイヤースティック持ってたら、そういうシーンはあんまりないような気がする…

でも人によっては需要がある⬇️

⭐テザリング環境で通信データ量を抑えたい

⭐旅やイベントの写真とか動画をみんなで大画面で共有したい

⭐カメラ機能にして普段見れないアングルをモニターしたい(スポーツのフォームチェック等)

マニアックな記事も書かれないから、少数の本当に困った人が解決できてないのかもしれないからがんばるぞ!

えいが子
えいが子
がんばれ~オタクの意地みせろ!

iPhoneユーザーがファイヤースティックでミラーリングする場合の悲劇

これは悲劇が起きている。

流れとしては、

「iPhoneの画面をファイヤースティック経由でテレビやプロジェクターに大画面表示したいなぁ…」🤔

⬇️

ネットで調べる🔍️

⬇️

「Androidスマホはカンタンにミラーリングできるが、iPhoneの場合はAirReceiverという有料アプリ(約300円)をファイヤースティックからダウンロードしてミラーリングできるようになる」

※こういう説明ってカンタンに言ってくれちゃうけど、実際はムズい…

AirReceiver を300円払ってダウンロードしてみたよ。(なんでアイコンの名称違うんだ!)
300円/月じゃなくて買い切り型だからまぁ、使えなくても授業料だ(泣)…

⬇️

300円支払い、AirReceiverをダウンロードしてミラーリングに挑戦するが、テレビに映らない!すぐに落ちる!AmazonプライムもNetflixも真っ黒い画面で字幕しか見れない!となる

これが普通の人の場合だ。とくにパソコン苦手とかではない成人男性の場合。

ちょっと長くなるけど、何が起きてるのかぼくの体験をもとに解説する。

iPhoneユーザーの人!ちょっと待ってね。

まず、Androidユーザーに伝えたいことがある。

くろかわ
くろかわ
Androidは簡単にファイヤースティックにミラーリングできるという情報がいきなり間違ってる!

ファイヤースティックリモコンのホームボタン長押しからスクリーンミラーリングの待ち受けになる。

その状態でAndroidスマホをミラーリング操作すれば画面が映ると説明されることが多いんだ。

「この画面を開いたままにしてください」
と言われたら開いたままにしちゃうよ…

ぼくはAndroid2台とiPhone1台使ってるんだけど、Android2台ともこの画面から接続できないからね(笑)

まぁ、XPERIAだからというのもあるんだろうけど、XPERIAができないのなら、注釈なしで「できます」って書いちゃだめなんじゃないの?とも思う。

どうできないかというと、一瞬映るんだけどHDCP対応してないとか表示が出てすぐ切れる。

でも相性問題あるだろうから、なんの問題もなくミラーリングできるAndroidスマホもあるんだろうね。そんでなきゃ、さすがにクレームの嵐。

で、ぼくの2台のXPERIAはどうしたかというと、このあと解説するAirReceiverというアプリでなんとかミラーリングに成功するのだ。iPhone用にダウンロードしたのに意味わからん😵🌀恐らく複数の機能をあわせ持ったアプリなんだろね。さすが有料300円!

ファイヤースティックでAirReceiverを使ってミラーリングできない原因

まずぼくのiPhoneは、最初のトライでは写らなかった。

この画面からミラーリングすると思ってたから⬇️

何度やっても反応なしだった。

でも、よーく考えてみると、アプリダウンロードしたんだから…

あれっ、と思ってAirReceiverのアイコンを押すと、

この画面になる。この状態でiPhoneの端末のエアプレイボタンをタップすると初めて繋がって画面表示した。

えいが子
えいが子
この画面、待ち受け感ないよね…

おお!と喜んで、調子にのって普段ファイヤースティックでは見れないTik Tokを大画面再生した。

うーん、大画面だけど、これ横にしても全画面にはならない仕様なのか…

大きいけど、大きくないというのが感想(笑)下手すると間近でiPhoneの画面見たほうが迫力あるような…

でね、

当然のごとく

「あたしTik Tok再生できなかった!」という人もいるはずだ。

正確には動画が動き出す前に、できないんだと判断して戻った人といえばいいのか。

再生直後は動画の部分は真っ黒になる。

アプリとしては起動してるけど、音声が断続的に聞こえて画面真っ黒。

そしてけっこうその時間ながいのよ…

えいが子
えいが子
普通は戻るね
くろかわ
くろかわ
でもぼくは実験だから少し待ってみた

すると動画が表示されカクカクせず正常に動き出す。一度動き出せばわりと普通にみれる。

Amazonプライムビデオタイトル画面

次に試すのは、やはり有料動画配信サービスだ。

ミラーリング機能だと、著作権の関係でNetflixとか、Amazonプライムはアプリ側で制限がかかって見れないという噂があるよね?

えいが子
えいが子
それな!はよ教えろ!
くろかわ
くろかわ
見れないよ!真っ暗!字幕と音声だけながれる!

ここは正確な情報にしたいので、まじめにやる。憶測はなしで事実を記す。

Fire TV Stick4K の、

AirReceiverというアプリで、

iPhone12と、Androidスマホ2台(どちらもXPERIA)を実験した結果、

3台ともミラーリングに成功!

しかし、NetflixAmazonプライムビデオは3台とも映像はでなかった!(真っ暗画面)

ミラーリングって有線と無線の2種類あって、基本的に無線ミラーリングは著作権保護のため有料動画配信コンテンツは飛ばせないと覚えておこう。(例外があったらごめん!)

よくありがちなハマり方としては、スマホから激安中華プロジェクターにWI-FIで飛ばしてNetflixを鑑賞しようとしてできないパターン。

えいが子
えいが子
できないパターンの王道だね
くろかわ
くろかわ
メーカーもできないを連呼すると売れないからなぁ…
えいが子
えいが子
じゃあ有線接続だと映せるの?
くろかわ
くろかわ
AndroidはHDMI変換アダプタで映せる、iPhoneは純正のアダプタだけ映せる

これもいろいろ闇は深いんだけど詳しくは⬇️

アウトドア(Wifiがないオフライン環境)でNetflixなどからダウンロードした映画をモニター、プロジェクターに映す方法もあるよ⬇️

ミラーリングがすぐ切れる理由はWifiの自動接続を疑おう

あなたの家の無線ルーターを今すぐ見てくれ!

こんな感じで2.4ギガヘルツ帯と5ギガヘルツ帯が併記されていて、同じ暗号キー(パスワード)が書かれているタイプのルーター。

このタイプを普通に使ってるとミラーリングは切れるよ!

まず大前提として、

くろかわ
くろかわ
ミラーリングする機器同士は、同じWI-FIに繋がっていなければいけない
えいが子
えいが子
あたしの家、ルーター1個しかないから関係ないと思ってたけど、まさか…ギガヘルツ帯違いもダメ?

そうなんだ。

最初はみんなそれを理解していて、よし、同じ2.4GHz…オッケー!

で始めるんだけど、よけいな機能が動作するんだよ…

自動接続をオフにして試してみよう!

この自動接続が普通にiPhone使ってるとみんなオンになってると思うのよ。

これが常に最良の電波を拾おうとして頑張ってくれてるわけだ。

感度がいいほうに優先して切り替わる。そのお陰で通常の動画視聴はスムーズで落ちたりしないでしょ?

しかし、ミラーリングにおいては、ギガヘルツ帯違いといえど、完全に「誰お前?」状態なわけ。

家の中に知らないおじさんが立ってたらびっくりするよね?

そんなかんじでミラーリングが切断されちゃうんだ。

途中でミラーリングが途切れる場合はWifiの完全一致を再度確認!

ミラーリング?キャスト?違いがわからん!

これは…複雑なのよ。

初期の頃は明確に別れてた。

ミラーリングは画面を鏡のように映す機能。バッテリー残量とかも全部スマホ画面がテレビに完コピされる。

だからミラーリング中は他の操作ができない。LINE見たら、テレビにもLINEが映っちゃう。

使用環境によっては画像の遅延が発生する、劣化する。

音声がズレる、劣化する。

細かい部分が気になる人には向いていない。

キャストはアプリベースで認識して送信先のテレビのアプリで再生してくれる機能。

例えばスマホでYouTube見てるときに

こんなアイコンがあったらタップしてみよう。

近くにあったテレビに同じYouTube番組が映し出されるはずだ。

これはテレビがYouTubeアプリに対応してるとだいたいキャスト機能を備えてるから対応機器として認識されたから成功したわけだ。

そして、キャストのいいところはバックグラウンドで再生できるから、テレビではYouTubeを再生させながら、手元のiPhoneではYouTubeをウインドウで見つつ、LINEをチェックしたりもできる。

もちろんテレビにはLINEの操作は映らない。

アプリにより再生されるので、画質、音質、機能は再生デバイスの性能に準ずる形になるよ。

これをキャストと言うんだけど、最近はなんでもごちゃ混ぜにして、無線で飛ばすことすべてを、ミラーリングと呼ぶことが多くなってるから混乱するんだよ。

例えばぼくのAndroidスマホはソニーのXPERIA。(SO-02G SO-05K どちらもOSはAndroid10)

BRAVIAという有名なテレビブランドがあるんだけど、ソニーの世界では主にソニーの機器同士で繋げる機能をスクリーンミラーリングという。※スクリーンミラーリング機能から他メーカーのテレビともミラーリングできたことはある。相性があるので要確認。

ちなみにぼくの愛用してる中華プロジェクターとも、スクリーンミラーリングで繋がる、さらに!NetflixもAmazonプライムもミラーリング再生できてしまう。さっきの著作権保護の説明はなんだったんだろう…というカオス状態。iPhoneだとどちらも真っ黒だった。もうわけわからん👇️

これが滅茶苦茶紛らわしい!

ファイヤースティックとミラーリングしようとしたら、スクリーンミラーリングのボタン押しちゃうでしょ!普通の人間の感覚として…

ところが正解は「画面のキャスト」をタップすることでミラーリングできる(笑)

AirReceiver さえダウンロードしておけば、どの画面からでも、Xperiaの「画面のキャスト」をタップしたら瞬間的にミラーリングできる。これはなかなか凄い!
いじわるしてWi-Fiを切り替えたらさすがに落ちたけど。

*ぼくのXperiaは結局AirReceiverをダウンロードしなければファイヤースティックとミラーリングできなかった。

まぁ、これはほんの一例に過ぎないのだけれども、ミラーリングやキャストが説明通りやっても上手くいかないという人の問題解決のヒントぐらいにはなったかなぁ…

ぼくの専門のホームシアターの世界も、メーカーの言うとおりやっても接続できないことたくさんあるよ。

そういうものなのだよ。この世界は。

だからあなたは何も悪くない(^^)/

読んでくれてありがとう。

1番いい方法はミラーリングやらないこと!

くろかわ
くろかわ
別にふざけてるわけじゃない

心から思う。人は極力、ミラーリングとかキャストしないで生きていくべきだ。

もちろん、特殊な環境でどうしてもミラーリングしないといけないという時もあるだろう(どんな時かぼくにはあんまりイメージできないけど)

しかし、多くの場合は幻想にすぎないのだ。

本人は「ちょっと待て!今大画面に映すから!」と何故か必死になってるけど、

えいが子
えいが子
あと何分かかんだろ…スマホの画面で見せてくれればいいよ…はよせい!

まわりの人はどーでもよかったりする。

えいが子
えいが子
質問!アップルTV買うのはダメなの?
くろかわ
くろかわ
Apple勢が映画を楽しむならもちろんお薦めだよ。でも1.7万円ぐらいするぞ?ミラーリング目的だけで買うようなもんじゃない

ミラーリングが目的で何かを買うのはやめよう。

ミラーリングはおまけ機能。

たまたま所有してる何かが、ミラーリングやキャストに対応していて試しにやってみたらちゃんと映った!嬉しい!一度しか使ってないけど。

…こんな感じで生きていこう✨