ホームシアター

【SBCの遅延と音質は?】Fire TV StickのBluetooth機能について語る

ファイヤースティックのパッケージ写真

Fire TV Stickの嬉しい機能Bluetooth。

これがFire TV Stickの重要な魅力のひとつだと思うんだが、ネットでも情報が少ない。

Bluetoothをちゃんと備えて販売してるあたり、Amazonはよくわかってるなーと感心する。

結論だけ先にいっておくと、SBCという標準的なコーデックで問題ない。

テレビ、プロジェクターの内蔵スピーカーは貧弱!Bluetoothスピーカーに簡単接続しよう!

リビングのBOSE

Fire TV Stickは画像表示機器に直接挿すだけで、簡単に映像コンテンツが楽しめるという商品だ。

だから、普通に考えると音声については、接続先の機器の性能に依存することになる。

一般的にはテレビ内蔵スピーカーで聴く場合が多いと思うんだよ🙄、ホームシアター好きなら、プロジェクター内蔵スピーカーという場合もあるだろうね。

ここでちょっと不満になることがある。

音響性能だ。

液晶テレビの音響性能は改善されてきたとはいえ、まだまだ専用オーディオにはかなわない。

Amazonなどでも人気のBluetoothスピーカーが、比較的安価で音もいい。

これらをお手軽にBluetooth接続できるだけで、ちょっとした映画館のような音響で楽しめる。

実際ぼくが愛用してる2種はちゃんと映画の音がするんだよね⬇️

Fire TV StickにBluetooth機能が搭載されていて本当に良かったと実感する瞬間だ。

しかし、少しBluetoothを知る人には不満に感じることがある。

SBCというコーデックだ。

Bluetoothのバージョンというのがある、バージョン4.1とかね。

例えば、Bluetoothの電波が届く距離、省エネ性能とか。主に音質以外の部分も着実にバージョンアップを重ねてきた。

それと別に圧縮したりして音声を伝達する方式をコーデックと呼ぶんだけど、それが1番標準的なSBCというもの。

現在ではSBCより上位のコーデックが増えてきてるし、これから普及していくとは思う。

2020年の今、SBCどうなの?

音が遅れて聞こえるという噂は?

次はSBCについて説明するね。

Bluetoothコーデックは標準的なSBC、遅延や音質は?

結論は映画を普通に楽しむぶんには問題なし。

じつは2020年現在でも

Bluetoothのコーデックの主流はSBCなんだ。

Bluetoothのコーデックは送信側も、受け側も同じコーデックを要求される。

例えば、apt-xHDに対応してるイヤフォンをAmazonで4000円で買ったとする。

apt-xHDは低遅延、高音質と喜んだけど、…あれ!iPhone使えない。

iPhoneはAACというSBCよりは多少高音質のコーデックしか対応してない。

この場合は結局SBC接続になる。Bluetooth対応機器同士は下位互換があるから、上位のコーデックが一致しなくても、最悪SBCでは接続できるようになっている。

apt-xHDに対応してるのってSONYのXPERIAとか、サウンドにこだわったスマホなんだよね。

あとミュージックプレイヤーとかだ。

なぜだかしらないけど高音質コーデックの採用はイヤフォン界隈だけ一歩進んでる。

そしてBluetoothスピーカーのコーデックは?というと、ほとんどはSBCなんだ。

これは高音質を売りにしてるメーカーのBluetoothスピーカーでも同じ。

先ほど紹介した、BOSEやJBLが堂々とSBC接続なんだ。

そう考えると、Fire TV Stickの対応コーデックがSBCのみなのもうなずける。

いろいろコーデック対応させたところで受け側に対応する機器ないじゃん!というのが実情ではある。

Fire TV Stickのようなユーザー数が莫大な機器は、必ずトレンドを反映してくれるから、高音質コーデックが世間に広く普及して一般的になれば、その時の対応に期待したい。

次に遅延の問題だが、

ぼくはJBL charge3 やBOSE soundlink2といった、SBCコーデックのBluetoothスピーカーで何百回も映画を見た。

しかし、ジャンルを問わず音のズレが気になったことは一度もない。

厳密には遅延はあるのだろう。そしてSBCがいちばんずれるのだろう。

ただし、それがあなたにもそう感じるかは体験してみないとわからない。

少なくともぼくは気にならないレベル。これは感じかたに個人差もあるだろうけどね。

因みに、ゲームはわからない。

ぼくはゲームあんまりやってないから。

音ゲーとか敵の足音で状況把握して戦争するようなヤツではダメかもね(笑)

だからネットの情報だけを鵜呑みにして、

SBC=残念な音と考えてはいけない。

実際BOSEやJBLのBluetoothスピーカーは素晴らしい音が出るのだから👇

※プチプチ入る小さなノイズはスマホ撮影時のマイクの問題です。ごめんなさい。

だいたいよーく考えて欲しい。このような音響メーカーがガラクタのような音になるものを採用するだろうか?

ぼくはSBCのBluetooth接続でいまいちな音も聞いたことある。

一方でSBCでも素晴らしいと感じるものもあった、それ以外の要素が音響には大きく関係してる。

だからSBCだからという理由だけでオーディオ機器としてダメという烙印を押すのはやめにしよう。

「まだYouTubeで音楽聞いてるの?音悪いじゃん!」

といわれても、はぁ?となるじゃん。そんな感じ😋

ぶっちゃけ高音質には、元の音源の収録の質がいちばん大事だと思ってるよ。

ぼくのサイトでは、HDMI有線接続のAVアンプによる、本格5.1chサラウンドを推奨してる。

あくまでもカジュアルな使い方として、Fire TV Stick+Bluetoothスピーカーもいいよ👌と言ってるんだ。

まとめると、Fire TV Stickの購入を検討している人でBluetooth性能に不安があるという人には、大丈夫といいたい。

この映像再生専用デバイスを買えば人生はもっと豊かになる。

世界最小貧乏サラウンドシステムの研究者としていわせてもらう!

庶民が手軽に買える映画再生デバイスとしてFire TV Stickは間違いなく最高のものだ。

初期不良や故障の場合を除き、これを買わない理由がみつからない。

Bluetooth機能がついてると、自宅以外に持ち出したとき、とても便利なんだよ。友人の家のBluetoothスピーカーにつないだり、アウトドアでプロジェクター+Bluetoothスピーカーでお手軽にシアターできたり。(※屋外ではワイハイ等のオンライン環境が必要)

あと深夜とかBluetoothイヤフォン、ヘッドホンで映画みたい時に重宝する。騒音対策だね。

このようにただでさえ映画好きにはお買い得な神デバイスがBluetoothもあることで遊びの幅が広がるよ。

因みにノーマルのと4Kのスティックでコーデックの違いはない。

どちらもSBC。

映画を楽しむのに決まりはない!

でも、今より少しだけいい音で観れたら…

その方法はぼくのサイトに書いてある。

いろいろ読んで映画音響を楽しんでね(^^)/

この記事おわり!

ぼくの映画館使用AVアンプ👇この価格でアトモス対応の神機