音響レビュー

翔んで埼玉 草加せんべいを踏まないGacktに涙 表現の自由ってこういうことかもしれない…

2019年製作/107分/日本/GACKT/伊勢谷友介/二階堂ふみ/監督武内英樹

「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。

出典:翔んで埼玉 : 解説/映画.com

2020年3月Netflixドルビーデジタルプラス5.1chで視聴

20文字で映画レビュー「翔んで埼玉」

えいが子
えいが子
お得意の 20文字でレビューよろしく‼
くろかわ
くろかわ
民家の壁に貼ってある書き初めが「刺身」………

うーん🤔

これはこれでいいんじゃないか?

コメディ映画だからね。

差別だとか批判せず、おおらかな気持ちでみる映画✨

オーバーに埼玉県をディスる様子を楽しむというのが正しい鑑賞方法だ。

が、

地味に千葉、茨城、群馬などもディスられているのがいい。

世間の評価はバラバラ3.5~4.0ジャンルは?

👆️Amazonのリンクから本作のレビューたくさん見れるよ

コラ!ちょっとまて!(笑)

世間の評価が高すぎる。もちろんおすすめだからここに書いてるんだけど、

世間の評価調べなきゃ!と検索したら5点を付けてる人の割合が多くて驚いた。

みんなくだらない作品を真剣に作る姿勢に心打たれたとしか思えない。

この映画のテーマは郷土愛。郷土愛コメディーだ。

数々のディスりが心地いい。

「西葛西って千葉じゃなかったの?」

「この音は埼玉警報だ!」

「あれは埼玉銃!」

「口が埼玉になっちゃう!」

「太郎がぼっとん便所に落ちた!」

「ここ池袋は埼玉県民の夢の町」

池袋東武と西武の看板がブレードランナーの世界観(笑)ダサカッコいい!

人力車が野田ナンバーだったりする。

軽自動車が緊急停止したところに必ずフレームインしてくる山田うどんとか(笑)

バカっぽい見どころは数多くある。

翔んで埼玉の音響は?

音響というより、音楽のチカラ

まるで

グラディエーターかよ!

ベン・ハーかよ!

というレベルの壮大なオーケストラの曲とともに、よくわからんヤンキーとかGacktが九十九里の砂浜を駆け抜けると不覚にも感動してしまった。

なんだこれ。

稲毛 小島 よしお

よくわかんないけど、そこらのつまらん映画見るなら

よっぽど

クスッと笑える映画になっている。

最後のはなわのエンディングテーマもこの映画にしか使えない楽曲になっていていい感じだ。

下らないけど、精一杯映画にしてみようぜ!という情熱が伝わってきたよ。

翔んで埼玉はこんな人にオススメ

首都圏の埼玉のイメージとか、微妙なニュアンスが外国人や、国内でも関東圏以外にお住まいの人にはわかりにくいだろうな…それだけが残念だ。

メジャー作品にはなれない宿命。

ぼくも全てはわからないが、映像の隅っこや、エキストラの会話の端々に笑いのツボが隠れてるからそのへんも楽しんでほしい。

郷土愛とディスるバランスが絶妙なコメディ映画✨

たまには難しいのばっかりみてないでこんなのもいいのではないかな?

VODでいち早く無料配信したAmazonプライムは素晴らしいと思ったよ😆

くろかわ
くろかわ
一緒に来るか?所沢に!
えいが子
えいが子
とっ、とっ、ととととと所沢!ムリ!

最後まで読んでくれてありがとうございます。
また、映画サラウンド音響レビューで会いましょう(^^)/
⭐映画のある人生をもっと楽しく⭐

2021年~お部屋で映画やYouTubeを楽しむには【ドルビーサラウンド】がいいよ👇️

このサイトのレビューで使っているAVアンプはこちら👇️

VODはいろいろあるけど、サラウンド5.1ch配信が実用レベルなのは次の2社だけ!

ディズニープラスがサラウンド対応したら加入予定だけど…まだかなぁ🙄