音響レビュー

百円の恋、世界よ!これが日本のロッキーだ!

2014年製作/113分/日本R15+/安藤サクラ/新井浩文/監督 武正晴

不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。14年・第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞。米アカデミー賞の外国語映画賞日本代表作品に選出されるなど高い評価を受け、第39回日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞を受賞。

出典:百円の恋 : ポスター画像/映画.com

2020年1月Netflixドルビーデジタルプラス5.1chで視聴

20文字で映画レビュー「百円の恋」

えいが子
えいが子
お得意の 20文字でレビューよろしく‼
くろかわ
くろかわ
弁当屋さんのエプロン姿でシャドーボクシン…

この映画は見所が多い。

まず、ヒロインの名前だ。

なんだと思う?

一子(いちこ)だ。

そして、たしか妹が

二三子(ふみこ)

おいっ、親!テキトーにもほどがあるだろ(笑)

まぁ、麗香とか紗理奈とかではこの映画の主人公のイメージとして成立しないけどね。

主人公、一子のファッション。

通常、この手の見所というと、

例えば、「プラダを着た悪魔」でアン・ハサウェイの衣装の変化に注目!みたいなのよくあるじゃん。

金持ちが着るような高級ブランドの数々。

ぶっちゃけ、そんなの庶民にはドーデモいい。一子はそれを、しまむらファッションでやってくれる(笑)

つーか、パジャマだ。

コンビニぐらいなら余裕でパジャマ。

一子の職場で働く同僚で、野間という中年男が出てくる。

この男、一言で言うとキモいのだが、あまりにもリアルなんだ。本当に、「こういうのいる!いる!」と盛り上がれるゲス野郎なんだ。

しぐさや、喋り方すべてにキモさを追求して演じているため、だんだん感動すら覚えるレベル✨この野間のゲス加減を徹底的に楽しもう。これだけでこの映画の楽しさがグンと上がる。

この野間でスピンオフ作品をひとつ作ってほしいくらいだ。

こんな最低な野間だが、居酒屋で一つだけ名言を残している
「ボクシングは終わってしまえばノーサイド、憎しみあってるわけじゃないからね」

ボクシングも試合が終わってしまえば敵ではない。拳を合わせたり、肩をたたきあってお互いの健闘を称えあうという意味だ。

その他「マジっすか?」しか言わない新人バイトとかいいキャラが脇を固める。

一子の恋人役といい、みんなダメ人間のオンパレード。それがまたいい感じなんだ。

世間の評価は3.9ジャンルは?

ぼくの評価は4.2。スゲェいい映画。

ジャンルはコメディ要素も恋愛もある人間ドラマ。

が、

あえて言おう、世界一のボクシング映画と。

ぼくはあのロッキーより、ミリオンダラーベイビーより、サウスポーより百円の恋が好きだ!

ただし、凄く美意識の高い女性が見たら、最後まで嫌悪感しか感じない可能性もある。

あといちおうR15+となっているけど、この映画は20歳以上にしたほうがいいのでは?

変なシーンがあるからとかでなくて、本当に内蔵にズーンとくる。綺麗ごとなしの厳しい現実社会、夢のかけらもない映画だから、明るい未来を描く学生さんは今はまだ見ない方がいいんじゃないか?とさえ思う。

そんなこと言われたら見たくなるか…

百円の恋はこんな人におすすめ

まず、そこの女子!見なさい!

特にダイエットとか、失恋したとか
本気で変わりたい人にちゃんと見て欲しいんだ!

あと、「今の自分が嫌い!」という女性、自分を変えていく何かを見つけて欲しいという思いを込めて。

物語の後半、一子の中で何かが変わる。

ハッキリ言って、BGMとか洗練されてない。陳腐なんだけど

何とも言えない…哀愁が漂うんだよね。

そこからラストまでの疾走感、そこらのハリウッド映画も目じゃない、思わず目頭が熱くなるぜ😭

えいが子
えいが子
最近よく泣くな… 目が赤いよ
くろかわ
くろかわ
ラスト30分のとこで、目にゴミが……

結局、一生懸命なやつが最強ってこといいたいのかもしれん…

結果なんかどうでもいいって思えるナイスな映画だ。

最後のエンディングテーマからのエンドクレジット、天才か!と思った。
歌詞が💖に突き刺さってくる!あぁ…人生だなぁ。

放心状態になるよ。スターウオーズを劇場で観た日、誰も席を立たなかった。
皆スターウォーズのテーマが流れる劇場内で余韻に浸っていた…

スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明けポスター画像
スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け、最新技術が凄まじい!「世界一のチャンバラ映画」 2019年製作/142分/アメリカ/デイジー・リドリー/アダム・ドライバー/ジョン・ボイエガ/監督J・Jエイブラムズ 出典:スターウォ...

百円の恋にもそんな余韻があった。
頑張っている人は誰もこの映画を笑えないと思うよ。

一子!ロッキーよりロッキーしてたぜ…お疲れさん(^^)/

最後まで読んでくれてありがとうございます。
また、映画サラウンド音響レビューで会いましょう(^^)/
⭐映画のある人生をもっと楽しく⭐

2021年~お部屋で映画やYouTubeを楽しむには【ドルビーサラウンド】がいいよ👇️

このサイトのレビューで使っているAVアンプはこちら👇️

VODはいろいろあるけど、サラウンド5.1ch配信が実用レベルなのは次の2社だけ!

ディズニープラスがサラウンド対応したら加入予定だけど…まだかなぁ🙄